top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

ソイル瀬戸田、レトロな雰囲気の複合施設が尾道・瀬戸田港そばに!マルシェ開催も

広島ニュース 食べタインジャー

SOIL SETODA(ソイル瀬戸田)が2021年4月に開業予定となっている。オープンする場所は、生口島にある瀬戸田港(広島県尾道市)すぐそば、瀬戸田民俗資料館跡の向かい。

SOIL SETODA(ソイル瀬戸田)は、飲食や中長期滞在可能な宿泊施設・アクティビティセンターを備えた複合施設。しおまち商店街にある空き家物件が活用され、新たな賑わいスポットとして生まれ変わる。


ソイル瀬戸田 内観イメージ

SOIL SETODA(ソイル瀬戸田は、広島県尾道市瀬戸田町の「しおまち商店街」を起点とした地域活性化プロジェクトの一つとして誕生する施設。

“地域のリビングルーム” という位置づけで地元住民と訪問者が時間や経験を共有する場所づくりを目指し、週末には地元生産者と繋がる機会をもてる「マルシェ」開催も行われる予定。

広告の後にも続きます

なお、瀬戸田民俗資料館も改修され、観光案内所&コーヒーロースター・カフェへと生まれ変わる予定となっている。

<!– 
2021年3月に 旅館Azumi Setoda、銭湯兼宿泊施設yubuneがオープン
2021年4月に 複合施設SOIL SETODA(ソイル瀬戸田)がオープン

このほか、軽食店(地元の海鮮提供)/スイーツショップ/バイクショップ など、新規事業者が開業計画中。 –>

2020年10月には、瀬戸田港に観光型高速クルーザー「SEA SPICA(シースピカ)」が就航。広島港からのアクセスも良くなった。

また瀬戸田町は、しまなみ海道を横断していくサイクリストにとっても中間地点であるため、休憩ポイントとしても注目度が高まっています。

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル