top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

大腿骨壊死から10年…選手デビューの息子を見た「父の喜び」が感動的

Qoly

現在行われているイングランド伝統の大会FAカップで、感動的な出来事があったと話題になっている。

それはフットボールリーグ・チャンピオンシップ(2部)のシェフィールド・ウェンズデイに所属しているDFデクラン・トンプソンのデビュー。

彼は2002年生まれの18歳。かつてシェフィールド・ユナイテッドなどでプレーした選手リー・トンプソンの息子、リーズなどでプレーしたクレイグ・トンプソンの孫にあたる。

デクランはなんと5歳の時に難病のレッグ・ペルテス病(無菌性大腿骨頭壊死症)に罹患してしまい、車椅子での生活を余儀なくされていたのだ。実に1年半の間歩くこともできず、医師からも「サッカーをするどころか、歩くことすら不可能」と伝えられていたそう。

しかし複数回の手術を受けて復活したデクランは、11歳までに難病を克服。ついにサッカー選手になるという夢を追うことができるようになったそうだ。

広告の後にも続きます

そして、彼は先日行われたエクセター・シティとのFAカップで終盤に途中出場し、プロの選手として初めてのピッチに立ったのだ。その際に父のリー・トンプソンが見せた感激のリアクションが話題になっている。

【動画】息子がピッチサイドに立っていることを見て、ガッツポーズ!そして涙を拭う…

長い闘病を間近で見ていた両親、湧き上がる感情を隠すことはできなかったようだ。デクラン・トンプソンはこの試合を終えてから『The SUN』のインタビューに答えているぞ。

『The SUN』によれば、彼は以下のように話したとのことだ。

デクラン・トンプソン

「歩けなかった当時に僕が最も傷ついたのは、クリスマスの祭りに行って、人々が僕の方に目をやって笑っているのを見たときだね。

他の人を見て、『あれは自分たちよりも劣っている者だ』と思っている人に言いたい。そうではないんだとね。

僕は車椅子でもサッカーになんとか参加していたよ。友達がボールを蹴っているのを見て、自分もやりたくなってね。まあその時点ではサッカー選手になるというよりも、ただ楽しむだけだったけど。

自分は何かをやろうとするタイプの人間だ。誰にも止められることはない。

父が選手をやっている時は忙しかったから、祖父のクレイグがあらゆる試合に連れて行ってくれた。

彼は数年前に心臓発作を起こしてから体調が良くないのだが、祖父はそれに影響を受けることをしない。彼は僕よりもメンタルが強くて、そこは学ばされているよ。

父親とともに、彼は僕が選手になるにあたって大きな役割を果たしてくれた。日曜日には彼の家に言って、エクセター戦で着ていたシャツを渡したよ。

(父リーの映像が話題になったね)そうだね、父親のほうが僕より有名になったね!

感情的になりすぎて、僕もあのビデオを最後まで見られなかったよ。ツイッターで自分の姓が流れているのを見て、とても誇りに思う。

できることもできないことも、制限はないんだ。何かになりたいなら、それが配管工であろうと、サッカー選手であろうと、思うことは自由なんだからね。

僕は今ここから一気に進んでいきたいし、誰もが知っているような選手になりたいね」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル