top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

世界を震え上がらせる、清水崇監督の戦慄の日本ホラー『樹海村』ファンタスポルト国際映画祭コンペティション部門に出品決定!予告&新場面写真も一挙解禁!

cinefil

2月5日(金)公開の映画『樹海村』より、2月26日(金)~3月6日(土)にポルトガル第二の都市ポルトにて行われるファンタスポルト国際映画祭にて、コンペティション部門・オフィシャルファンタジーセクションに選出されました。

©2021「樹海村」製作委員会

今年2月に公開し、コロナ禍にもかかわらず、異例の興収14億円超えという大ヒットを果たした清水崇監督作品、『犬鳴村』。SNSで話題となり、高校生を中心にたくさんの人が劇場に足を運び、なんと動員数は110万人を突破。そんな「恐怖の村」シリーズの第2弾として公開となる『樹海村』

舞台は“絶対に行ってはいけない”“入ったら生きては出られない”と噂される富士の樹海。富士の樹海は、今から約1,100年以上前に富士山大噴火で流出した青木ヶ原溶岩流を覆っている広大な森。およそ3,000ヘクタール(東京ドーム約642個分)にもおよぶ樹海では、「コンパスが効かない迷いの森」、「入ると何者かに襲われる」、「様々な怨念を持ったヤバい村がある」と聞くだけでゾッとするような様々な都市伝説が飛び交っています。映画公式Twitterでも次なる村を募集していましたが、『樹海村』は上位にランクイン!それだけ“ヤバい場所”として認知度の高い場所に挑みます。

さらなる恐怖が待ち受けている本作の、場面写真 12 点が一挙公開!

樹海の中で何かを探すようにさまよう姉・鳴(山口まゆ)や、怯えた表情で何かを見つめる妹・響(山田杏 奈)、さらにそれぞれ神妙な面持ちのキャストが映る。鳴と話す出口(國村隼)は一体何を語るのか、そして宙に浮く響の運命 は…?! ますます本編に期待が高まる場面写真となっております。

広告の後にも続きます

©2021「樹海村」製作委員会

©2021「樹海村」製作委員会

©2021「樹海村」製作委員会

©2021「樹海村」製作委員会

©2021「樹海村」製作委員会

©2021「樹海村」製作委員会

©2021「樹海村」製作委員会

©2021「樹海村」製作委員会

©2021「樹海村」製作委員会

©2021「樹海村」製作委員会

©2021「樹海村」製作委員会

©2021「樹海村」製作委員会

樹海の禁忌に触れてしまった!?本予告解禁!!

今回解禁となったのは、1分3秒にわたる“凶怖”の本予告!!薄暗く、真っ白で不気味な室内で天沢響(山田杏奈)が目覚めた途端、四方八方に壁に打ち付けられるシーンからはじまる衝撃的な予告。「樹海の呪いだ」「このままだとお姉ちゃんも私もみんな死んじゃう!」という衝撃的なセリフが飛び交う中、呼吸をするかのようにひっそりとある“箱”に魔の森へと誘 われるように樹海へと呼ばれていく彼女たち。この箱こそ、検索すると「呪いの箱」と呼ばれ、非常に強力な呪具と有名なコトリバコであり、そして“迷い込んだら出られない”、は都市伝説ではなかったのだ!何かから逃げるように映像は阿鼻叫喚の巷と化し、「やめて!」という声が響き渡る…。はたして「樹海村」とは一体何なのか。そして彼女たちが怯える“呪い”の正体とは・・・。

犬鳴村に続く“恐怖の村”シリーズ第二弾!この呪いの真相を知ることができるのは、劇場のみ。
足を運ぶか否かはあなた次第です。

『樹海村』<予告>

出演:山田杏奈 山口まゆ
神尾楓珠 倉悠貴 工藤遥 大谷凜香

監督:清水崇
企画・プロデュース:紀伊宗之
脚本:保坂大輔 清水崇
音楽:大間々昴
製作:「樹海村」製作委員会
制作プロダクション:ブースタープロジェクト
配給:東映
©2021「樹海村」製作委員会

2021年2月5日(金) 公開

映画『樹海村』公式サイト

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル