top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

オメガの名作が超強力な耐磁性と高精度を備えて究極アップデート

&GP

オメガのアイコニックなタイムピースが、正統派の進化を遂げてこの冬新たに登場! 人気コレクション「スピードマスター ムーンウォッチ」が、伝統のデザインはそのままに、スイス連邦計量認定局(METAS)によるマスター クロノメーターを取得。強力な耐磁性能と更なる高精度を備えた最新キャリバーを搭載、腕時計本来の機能を正しく進化させた究極の1本として、新たに生まれ変わります。

▲ステンレススティール製サファイアクリスタルモデル ブレスレットタイプ

今回ご紹介するのは、1月21日より直営ブティックで発売をスタートする「スピードマスター ムーンウォッチ  マスター クロノメーター」(70万4000円〜)。真っ先に注目すべきは、やはり新採用のムーブメント、“コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー3861”の存在です。

メンテナンス性の高いコーアクシャル脱進機を新たに採用し、1万5000ガウスという超強力な磁場に耐える高耐磁性能のほか、50時間のパワーリザーブを装備。時計本来の機能として求められる要素を全方位で満たす新しいムーンウォッチは、スイス時計産業における最高峰の品質を証明するマスター クロノメーター認定を受けています。

その一方デザイン面では、1969年に宇宙飛行士が月面で着用していた“第4世代ムーンウォッチ”から着想を得た伝統のデザインをあくまでも踏襲。宇宙開発時代への敬意を表した左右非対称のケースやステップダイアルに、ベゼル上には有名な“ドット・オーバー 90”と、“ドット・ダイアゴナル・トゥ 70”が配されるなど、アイコニックなディティールを備えます。

広告の後にも続きます

ぜひチェックしておきたいのがリニューアルされたブレスレット部分。アーチ形リンクによって構成されるブラッシュ仕上げのブレスレットが、これまでにない快適なフィット感を実現。サテン加工処理を施した表面にポリッシュ仕上げのロゴをレイアウトしたクラスプは、往年のムーンウォッチのスタイルを彷彿とさせます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル