top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

日本初!4月発売の『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』はフタを開けたら“ジョッキのようにそのまま飲める”フルオープン缶!

ワイン王国

アサヒビールから2021年4月20日(火)に全国発売(※)される『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』が話題を集めている。同商品は開栓するときめ細かい泡が自然発生して、お店のジョッキで飲むような樽生ビールの味わいが楽しめる新商品だ。

※酒類取り扱いのコンビニエンスストアでは2021年4月6日(火)から先行発売

[ 関連記事を読む – アサヒスーパードライ生ジョッキ缶 ]

アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶|アサヒビール

缶ビールなのに、まるでお店の生ジョッキのように楽しめるスーパードライ。

www.asahibeer.co.jp

缶のまま直接飲んでも安全!「ダブルセーフティ構造」を初採用

缶のフタが「全開」することで、麦芽の香りが感じやすくなるとともに口に流れるビールの量が多くなり、生ジョッキのような感覚で飲むことができる『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』。

広告の後にも続きます

開栓直後に発生する泡は缶内側にコーティングされた特殊塗料によって、通常の缶からビールをグラスに注いだときに発生する泡よりもきめ細かく、缶のまま直接飲むことで冷たさも炭酸ガス圧も維持される。

缶のフチに直接口をつけてケガをしないか……? そういった心配はご無用!
フタと飲み口は飲料缶では初採用となる「ダブルセーフティー構造」によって、手や口を切る心配もなく安心して飲むことができる。

アサヒビールの調査によると「自宅では飲食店のような本格的な生ビールが味わえない」ことに不満を感じる人が6割を超えていたことから、自宅でもお店で飲む樽生ビールのようなおいしさを気軽に楽しめるようにと企画された画期的な缶ビール商品。安全なフタの開発、サーバーから抽出された樽生ビールと同じ泡立ちの表現など、さまざまなハードルを乗り越えて「日本初」(※)となる 『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』が誕生した。フルオープン缶でゴクゴク飲めるスーパードライの生ジョッキ缶。
巣ごもり生活でもオンライン飲み会などの自宅飲みがさらに楽しくなりそうだ。

※フルオープンかつ自然発泡する缶を用いた日本初の商品。(2020年9月Mintel社製品データベース及びアサヒビール社調べ)

【商品概要】

商品名:アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶
品目:ビール
発売品種:缶340ml
アルコール分:5%
発売日:4月20日(火)※コンビニエンスストアは4月6日(火)
製造工場:茨城工場、神奈川工場、名古屋工場、吹田工場
発売地区:全国
価格:オープン価格
商品情報:https://www.asahibeer.co.jp/superdry/namajokkikan/

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル