top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

エリクセン、ポジション変更で残留か コンテ監督が発言

Qoly

インテルでの出場機会が減っているため、去就が注目されているデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン。

今冬の移籍が確実視されていたが、検討に値するようなオファーがないことから状況が変わったようだ。

『RAI』によれば、アントニオ・コンテ監督がコッパ・イタリアでのフィオレンティーナ戦に向けてこう述べたという。

アントニオ・コンテ(インテル監督)

「選手のキャリアには、いい時もそうでない時もある。

だが、困難から抜け出すためのキャラクターを持っていなければいけない」

「エリクセンとはプレーメイカーのポジションで戦術的レベルの取り組みをする時間を持てた。今はマルセロ・ブロゾヴィッチが固めているポジションだ。

そのポジションで彼が素晴らしいプレーをするのを期待している」

コンテ監督は3-5-2のフォーメーションのなかでエリクセンを新たな役割で試すという。

【写真】「インテル、放出を後悔した13人のスターたち」

広告の後にも続きます

海外のファンたちは「レジスタでの起用は悪くないアイデア。ピルロみたいな感じかな」、「1か月前はレジスタではプレーできないって言ってなかった?」、「エリクセンの前でブロゾとニコロー・バレッラが狂ったように走れば機能するかも…」、「コンテはブロゾをプレーメイカーだと思ってるの?10番タイプじゃないはずだが」、「ブロゾはここ3年ほどレジスタとしてプレーしているよ」、「プレーメイカーだけど、深い位置からプレーするやつ」、「ピルロで有名なイタリアの『4番』だよ」などと反応していた。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル