top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

2020年も深海は相変わらず幻想的だった!MBARIによる不思議な海の生き物たち総集編

マランダー



 アメリカのカリフォルニア州にあるモントレーベイ水族館に併設された、モントレーベイ水族館研究所(MBARI)では、深海探査艇を使った調査を通年にわたって行っている。

 新型コロナウイルスの影響で、水族館はいまだに閉園中。昨年は深海調査にとっても、長い不遇の1年となったようだ。

 今日はそのMBARIが公開した、2021年の幻想的な深海の生き物たちをご紹介しよう。

MBARI 2020: It’s been a long year, but these deep-sea sightings helped us through

 ヒカリボヤの乱舞。


 浮遊するナツメダコ(左)とクロクラゲの仲間(右)。


 泳ぎゴカイの仲間(左)とアカヘビクラゲ(右)。


 尾索動物の一種(左)とナガムネエソ(右)。


 カイメンのお花畑。


 ギンザメの仲間のスポッテッドラットフィッシュ。


 オヤツ(ヒカリボヤの死骸)にありつく深海のエビ。


 ハゲイワシの仲間。身体を斜めに傾けて餌を待つ。


 黄色く見えるのは微生物が大量に繁殖したバクテリアマット。


 アンチョビの群れ(右)とボッカチオというメバルの仲間(左下)。


 今年も海の中で、我々のまだ知らない新しい生き物が発見されるかもしれない。ワクワクしながらMBARIなどの調査に注目していきたいと思う。

 もちろんマランダーでも、海の中の不思議な生き物たちの情報を、随時紹介していこうと思っているので、お楽しみにね。

written by ruichan

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル