top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

阪神・上田二朗、完投ではない完封勝利?/週べ回顧1972年編

週刊ベースボールONLINE

 3年前に創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

青田の毒舌に球団職員がカッカ



阪神・上田


 今回は『1972年5月29日号』。定価は100円。

 5月9日(初出修正)、甲子園での阪神─大洋戦でハプニングが起きた。
 先発投手の若生智男が1回無死一、三塁で三塁側にベースカバーに走ったとき、右足の筋肉を痛め、担架に乗って退場となった。
 ここで急きょ4球しかウォーミングアップをしていない上田二朗が登板。鮮やかなピッチングを見せ、9回まで無失点に抑え、勝利投手に。打っても三塁打で1打点し、自身を援護した。
 びっくりしたのが公式記録員だ。あわててルールブックを調べ、
「完封勝利ですが、完投勝利ではありません」
 と発表。
 試合後、本人以上に喜んだのが、兼任監督ながら指揮権を返上していた村山実監督だった。
 上田は三沢高・太田幸司が話題となったドラフトで、村山が1位指名した選手である。
「二朗、よう投げたな。このグラブ、俺が運動具屋に頼んで作らせたものや。気にいった品物やったんやが、プレゼントするわ。その代わり勝たんとあかんぞ」
 上田も感激の表情で「監督、頑張ります」と答えた。

 一方、負けた腹いせもあって大洋・青田昇ヘッドコーチが毒を吐きまくる。
「あれこそケガの功名やで。若生がケガしなきゃ阪神なんかボロボロになっていたんやが、えらい損をした。阪神が上位に入るって? そんなアホなこと一体だれが言っとるんじゃ。どんな計算でタイガースが上位になれるんや。球団? 本気で言っとるんかいな、えらいとこやな」
 この話をそばで聞いていた甲子園の球団職員は、
「青ちゃんはタイガースのユニフォームを着たこともあるのに、あんなにぼろくそに言わんでもいいのにな。腹が立つよ」
 とカッカ。
 開幕4連敗スタートも響き、この時点で阪神は5位。しかし、この勝利を含め、11日まで5連勝と徐々に明るい兆しは見えてきた。果たして、どうなる?

 またあした。

<次回に続く>

写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル