top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

SixTONES森本慎太郎、“パパ感”すら感じるつぐみとのやりとりに「可愛すぎて泣いた」の声

テレビドガッチ


上野樹里が主演を務める月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の特別編が、1月11日に放送。インターネット上では、森本琢磨(SixTONES・森本慎太郎)の“パパ感”に癒しを感じる書き込みが相次いだ(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は2019年夏クールに放送された同名作の続編で、上野演じる主人公で法医学者の万木朝顔が、さまざまな遺体の“生きた証”を探す異色のヒューマンドラマ。上野演じる心優しい新米法医学者・朝顔と、時任三郎演じる朝顔の父でベテラン刑事の平が、タッグを組み、様々な遺体の謎を解き明かしていく。今回は、朝顔と桑原真也(風間俊介)の出会いが描かれた。

朝顔と平は旅行中。桑原は、朝顔と距離を縮めるきっかけになった“もんじゃ焼き”を、つぐみ(加藤柚凪)、森本、山倉伸彦(戸次重幸)と共に囲む。そんな中、朝顔との交際に至るまでの日々を語るが「意外とシンプルななれそめっすね」と森本。そんな彼に桑原は「お前が聞きたいって言うから話したんじゃーん!」とツッコミを入れた。続いて山倉には「係長、ちょっとウチ来すぎじゃないですか?」と詰め寄る。しかし、山倉は「許可はいただいている!」と朝顔とのメッセージを印籠のように見せた。

三人でワチャワチャしていると、つぐみは一人で平の部屋へと向かう。そこで、朝顔がまだ身ごもっているときの写真を見つけた。彼女が平の部屋に入るところを見ていた森本は、つぐみを後ろから「ワッ!」と驚かせる。突然の出来事に、つぐみは写真立てを落としてしまった。

彼の行動でへそを曲げてしまったつぐみ。森本は「ごめんごめん! そんなに驚くとは思わなかったからさぁ」と謝罪し、山倉も「おじさんと楽しいことしようか!」と機嫌取りに勤しむ。桑原も人形を使って「本当は怒っていないんでしょ〜?」とあやすが、寝転がって何も聞かない姿勢をとりはじめた。そこで、森本と山倉は足の裏をくすぐって笑わせた。

その後はかき氷を作り、何とか機嫌を取り戻したつぐみ。桑原は、旅行中の朝顔に動画を送信する。そこには、つぐみを背中に乗せ、お馬さん状態になる森本の姿があった。

ネット上では、つぐみと森本の共演シーンについて「森本刑事のパパ感すてき」「森本刑事&つぐみちゃん可愛すぎて泣いた」「森本刑事と結婚したくなった」「つぐみちゃんを見る目がデレデレしてました! 好きです」「完全に脳みそが森本慎太郎の嫁になってつぐみちゃんの母になってた」との声があった。

次回第10話は1月18日に放送。朝顔のもとに、美幸(大竹しのぶ)から宅配荷物が届く。そこにはある物が入っていて……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル