top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「コスパ最強」サンドイッチ専門店のボリュームに驚愕 セブン商品と比較してみた

ニュースサイトしらべぇ

ネット上で「コスパ最強」といわれるサンドイッチ専門店が東京・西日暮里にあるのを知っているだろうか。それは、どこか懐かしさを感じさせる「ポポー」という店。営業時間は6時30分~15時までだが、昼にはすべて売り切れてしまうことも多い。

売り切れを避けるため、まだ街も静かな朝の6時20分に店舗へ到着。この日は氷点下を下回り、ブルブルと体の芯から凍えてくる。そんな過酷な状況にも関わらず、すでに2~3人が並んでいた。


画像をもっと見る■インパクト抜群の2商品を購入

ショーケースには、20種類ほどのサンドイッチが並ぶ。どれも200円台という買いやすい値段にも関わらず、ギュウギュウに具材が詰まっているではないか。食べる前から、「コスパ最強」という意味が少し分かった気がする。

少し悩み、とくにインパクトのあった「ハムカツ」(税込250円)と「たまご」(税込240円)を購入。

比較のためにセブン-イレブンで発売されている、「ハムカツサンド」(税込259円)、「味わいたまごサンド」(税込248円)も購入。横並びでみると量に差はなさそうだが、はたして……。


広告の後にも続きます

関連記事:セブンイレブン、クリームチーズサンドの中身が… ハリボテ感はやや強め

■気になる重さは…

セブン-イレブン「味わいたまごサンド」の重さは126g。女性や子どもなどは、この量で十分という人が多そうだ。

そして、ポポー「たまご」の重さは159gで、「味わいたまごサンド」よりも33g重い。飛び出しそうなほどパンパンに詰まったたまごのせいか、サンドイッチが変形している。

続いて、セブン-イレブンの「ハムカツサンド」は130g。ハムとキャベツのバランスがとても良く見える。

ポポーの「ハムカツ」の重さはなんと174g。セブン-イレブンのハムカツサンドと、値段はほとんど変わらないが、異次元級に分厚いハムによって44グラムの差が生じた。

■ほんのり甘くふわふわの「たまご」

気になるのはそのお味。ポポー「たまご」はシンプルでほんのり甘いふわふわのたまごがクセになる。非常にクリーミーで、食感も絶妙。まったく飽きがこない印象だ。

アップで見るとたまごが入っていない部分があるが、それ以上に中心部がボリューミーで、食べごたえは抜群だ。

一応、セブン-イレブンの「たまごサンド」のアップも撮ってみた。ネットで噂のハリボテ感はまったくなく、具材が均等に詰まっていることが分かる。


■異次元級のハムカツを食す

そして、肉厚で噛みごたえのあるハムカツは塩加減がちょうどよく、とてもジューシー。

アップで見ると少し空白部分が目立ったが、この分厚いハムカツをサンドすれば、挟めていない部分があるのも当然。ボリュームの凄さに感心することだろう。

驚いたのはセブン-イレブンのハムカツサンド。こちらもハリボテ感はなく、しっかり奥まで具材が詰まっていて合格点だ。しかし、さらにその上をいくのが44gも重いというポポーのハムカツ。その凄まじさ(分厚さ)が分かるだろう。

200円台の値段からは、考えられないほどのボリュームとウマさを実現したポポー。どうりで行列を作ってでも食べたい人が多いワケと納得した。

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル