top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

地中海近辺に住むの人々は3700年前からアジアの食材を食べていた

カラパイア

アジアの食材
地中海近辺に住む人々は紀元前からアジアの食材を食べていた/iStock

 もしかしたら、地中海周辺の人々は、これまで考えられていたよりもずっと早くから東南アジアの食べ物を口にしていたのかもしれない。

 地中海東部にある地域の3700年前の遺骨の歯に残った食べ物の痕跡を調べたところ、バナナヤウコンなど東南アジア産の食材を食べていたことがわかったという。

紀元前の遺骨の歯から東南アジアの食べ物の痕跡を発見


 ドイツ、ミュンヘンにあるルートヴィッヒ・マクシミリアン大学のフィリップ・ストックハンマーら研究チームが、地中海東部のレヴァント地域から発掘された遺骨16体を調べ、彼らの歯に残っていた食べ物の痕跡を顕微鏡で分析した。

 その結果、紀元前17世紀から11世紀の間に、メギドやテルエラニの町(現在はイスラエル)に住んでいた階級もさまざまなこの16人は、ゴマ、大豆、ウコン、バナナなど東南アジア産の食材を食べていたことがわかった。

 つまり、これまでこの地域に東南アジアの食材が持ち込まれたとされていた年代が数世紀もさかのぼることになり、とくに大豆にいたっては、1000年も早くなった。

iStock-646505990_e
iStock

「わたしたちは、初期のグローバリゼーションの取引は、宝石や金属に限られていたと考えていました。この分析結果によって、同時にさまざまな食材も密接にやりとりされていたことがわかりました」ストックハンマーは言う。

 研究チームは、遺骨の歯にべったりくっついている歯石を分析して、さらにどんなものが食べられていたのかを特定しようとしている。

「将来的に、たいていは取り除かれ捨てられてしまう歯石が、可能性を秘めた宝庫だという認識になればと思います。歯石を取り除いてしまうことは、この独特な宝箱を開けずに捨ててしまっているようなものになるかもしれません」

「アフリカ、オーストラリア、アメリカなど地中海以外の地域の食の歴史、その貿易ルートについても、まだまだわかっていないことがたくさんあります」イギリス、ノッティンガム大学のアンドリュー・クラークは言う。

 この分析技術をほかの地域にも応用すれば、食文化の歴史が次々と塗り替わっていく可能性もあるだろう。

 この研究は『PNAS』に掲載された

References:sci-news/ written by konohazuku / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル