top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

設営ラクラクな自立型スタンドで焚き火台周りの使い勝手を良くしちゃおう!

&GP

豪快な焚き火料理ができる焚き火用スタンド。シンプルな作りなので異形丸棒で自作する人もいますが、地面にスタンドを打ち込むのが結構大変です。川沿いのように地面の下にゴロゴロ石が埋まっているキャンプサイトだと、テントとタープのペグに悪戦苦闘した後に焚き火スタンドを打ち込む作業が待っていると思うと、せっかく持っていったスタンドを投げ出したくなるほど。

もっと手軽になんとかしたい。そんな要望を形にしたのが37CAMP「自立型ファイヤーラックハンギング」(1万7600円)です。2020年秋にクラウドファンディングでプロジェクトを開始。1カ月で101名の支援を受けた、ありそうでなかった焚き火スタンドです。

組み立てが楽なのはもちろん、焚き火の煙を避けるために場所を少し移動させるなんてことも思いのまま。

スタンド本体は異形丸棒なんですが、下の方は角形になっているのがポイント。

角形パイプの脚を取り付ければ、硬い地面だろうと舗装されたイベント会場だろうとどこでも使えるのが斬新。しかも本体下部が角形なのでネジでしっかり固定できるんです。

広告の後にも続きます

脚は2本のくの字型パイプで構成され、4点で支えるため安定感があります。脚にはペグ用の穴も空いているので、重い鍋を吊り下げるときは手持ちのペグでしっかり固定できます。そして焚き火台を置くスペースも十分!

▲ロストルアーム

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル