top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

配達員さん、あなた疲れているのよ。ガラスのドアに気が付かず全身でぶつかるもあわてず騒がず郵便物を置いていく

カラパイア

配達員、ガラスドアに思いっきりぶつかる

 コロナ禍とホリデーシーズンが重なって、年末の配達員の忙しさは尋常ではないレベルに達していたはずだ。窓ガラスがわからないほどに。

 年末のある夜、ある家に配達物を届けに来たアメリカの宅配業者「UPS」のドライバーは、それがガラスのドアであることに全く気が付かなかったようだ。

 だもんだから通ろうとして全身を強打してしまう。だが彼はぶつかったことに動じることもなく、郵便物を玄関わきに置き、「UPSです」と一言発しそのまま去っていった。

UPS Man Walks Right into Glass

 コロナ禍により、アメリカでは外出を自粛し自宅で過ごす人が増えている。そこにもってきてホリデーシーズンだ。通販でセール品を買ったり、プレゼントを送りあう人も多い。配達員は夜遅くまでフル稼働で働いている。

 そういった事情もあるのだろう。ある配達員はガラスのドアに気が付かず、荷物を届けたい一心でそのまま突っ込んでいってしまったようだ。

1

 ここからが凄い。痛い!ともアウチ!とも、オーマイガー!とも言わず、荷物を置くことができる場所を淡々と探し(アメリカでは置き配が一般的)、「UPSです」と言葉を残すと何事もなかったようにその場を立ち去って行った。

3

 痛さも感じないくらいの忙しさだったのだろうか?一瞬配達員の動きがフリーズしたように見えたのは気のせいなのだろうか?

 とりあえずかけてあげられる言葉は、女性FBI捜査官スカリーに成り代わって「配達員さん、あなた疲れているのよ」しか思い浮かばない。

 本当にお疲れ様です。

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル