top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

BabooBee[ライブレポート]元PASSPO☆・増井みお率いるバンドが太田彩華率いる太田家と対バン! 愛らしくも尖った歌声で観客を魅了

Pop'n'Roll

元PASSPO☆の増田みお率いるスーパーポップロックバンド・BabooBeeが、2020年12月19日(土)に渋谷RUIDOK2で開催された、声優・シンガーの太田彩華率いる太田家が送る2マンライブシリーズ<エア太田まつり対バンスペシャル>に出演した。本記事では、その模様をお届けする。

【画像はこちら】

取材・文:長澤智典

BabooBee

先行で登場したのはBabooBee。3人は舞台の上で顔を見合わせ、互いの意志を確認した上でライブをスタートした。

冒頭を飾った「うきうきラリドゥダ」は、一緒に口ずさみたくなるポップパンクナンバーだ。増井みおの、愛らしいが少しとんがった歌声や、エモーショナルでキャッチーなメロディと演奏が、気持ちをどんどん熱くさせる。

続く「Right Now」でも、BabooBeeは胸の奥へグイグイ入り込むエモポップなパンクソングを届け、気持ちを騒がせた。

「すっぴんタイム」は、ガーリーな魔法を満載した楽曲で、流れるような歌メロがキャッチーだ。サビでは、観客たちを巻き込み一緒に振りをしながら楽しむ場面も。つかみを持った歌でゴツゴツとした粗削りな演奏をコーティングしながら、3人はライブに触れた人たちをウキウキな気分に染めていく。

“あっちこっち手を叩け ぐるぐるぐるぐる振り回せ”と歌い踊るさまを描いた曲、「BUCHIAGE」の登場だ。今はライブで声を出せない環境だが、“だったら踊ってしまえばいいじゃん”と歌いかけてくる彼女たち。楽曲自体は、駆け続ける激しい演奏を魅力にしたエモでアッパーなもので、ライブ中には、謎の男(スタッフ)が現れ、演奏に合わせタオルを手に踊っていた。観客もそのさまを真似ながら、疾走する楽曲に身を預け、わちゃわちゃ騒ぎながら一緒に楽しんでいた。

BabooBee<エア太田まつり対バンスペシャル>渋谷RUIDOK2(2020年12月19日)

広告の後にも続きます

BabooBee<エア太田まつり対バンスペシャル>渋谷RUIDOK2(2020年12月19日)

勢いをさらに加速するように、BabooBeeは「オリジナル」を演奏。増井は感情的な歌声のギアをさらにシフトアップし、観客たちをどんどんエモーショナルな気持ちに染め上げていく。

そして、疾走するみらいのドラムビートに絡む、エモーショナルなみちこのギター。そこへ増井のベースが絡み出すや、楽曲は一気にワイルドな様相を呈していった。

BabooBeeは舞台上にドシッと身構え、「Cry Cry」を演奏。歌詞では、これ以上踏み込んじゃいけない恋愛に溺れる女心の境界線を描写する。そのギリギリ感がゴツい演奏とマッチしたことで、迫力を生み出していた。

新曲の「マリア」は、メンバー曰く“可愛カッコいい曲”であり、増井のキャッチーなベースリフから始まる3拍子ナンバー。女の子らしい甘えたそぶりを見せながらも毒の利いた……いや、毒を持ちながらも甘えたがる女の子の心模様を記した歌詞に、心が惹かれていく。

途中で転調し、疾走していく意外性を持った展開も嬉しい聴きどころだ。ゆったり身体を揺らしていたら、いきなり全力疾走を求められ慌てて走り出したような、不意打ちの楽しさを味わえるのも、この曲の魅力である。

続く「ひとりぼっち」は、コロナ禍の中、少しでも前を向けるようにと生まれた歌。こちらもベースのリフから幕を開ける、エモくてロックな楽曲だ。

BabooBee<エア太田まつり対バンスペシャル>渋谷RUIDOK2(2020年12月19日)

BabooBee<エア太田まつり対バンスペシャル>渋谷RUIDOK2(2020年12月19日)

BabooBee<エア太田まつり対バンスペシャル>渋谷RUIDOK2(2020年12月19日)

激しいドラムビートが炸裂。いきなりテンポもテンションも上げ、観客たちを熱く挑発するようにBabooBeeは「LoveMeBaby」を突きつけた。ワイルドな音の服を身につけたメンバーたちは、衝動のまま、高ぶる気持ちのままに歌や演奏をぶつけていく。

次に飛び出したのが、“パッパッパッパッパラッパッパー”と一緒に口ずさみたくなるエモーショナルでスピーディなシンガロングナンバーの「パッパラ」。気持ちをウキウキ弾ませ、法定速度オーバーで疾走する演奏に飛び乗り、大騒ぎしたい気分に駆られた。

最後にBabooBeeは、観客たちと(心で)歌い合った「Vision」を演奏。このバンドの楽曲は、どれもエモくてキャッチーで、気持ちを明るく高ぶらせるものばかり。これも愛らしく見せて小悪魔な……振りをしながら、やっぱりお茶目で、やんちゃで、ガーリーな増田の性格をそのまま投影しているようだった。

太田家

先に伝えておくと、太田家は前回の<エア太田まつり対バンスペシャル>と同様に、1stアルバム『愛読書』に収録された楽曲を曲順どおりに演奏した。別の捉え方をするなら、アルバム『愛読者』自体が、ライブのノリを感じながら聴ける作品ということだ。

ライブは、アルバムに込めた想いを語る太田彩華のセリフと、その後に続くベースのリフを合図に「愛とアストロノミア」からスタート。メンバーたちが“オイオイ”と熱い声を張り上げながら煽ると、3人の勢いを背に、太田彩華はエモーショナルな歌声を届け出す。

この日は、ドラマー・太田たけちゃんのテンションがやたら高く、掛け声もいつもの数倍増しの迫力で響いてきた。対して太田彩華は愛らしさと抑揚のある歌声で、楽曲や歌が持つエモーショナルでキャッチーさを活かし、観客たちの心を魅了していた。

続く「星明かりのメロディ」でも、メンバーたちが熱い声を上げてファンの気持ちを上げる中、軽快に走る楽曲の上で、太田彩華はエモーショナルな歌を心地好く響かせる。

途中、メンバーとの掛け合いも登場。バンド隊がテンション高い演奏や声で攻める分、逆に太田彩華は良質なメロディの魅力をしっかり活かしきろうと、心をつかむ綺麗な歌声で会場にいる人たちや配信の視聴者たちのハートを温かく包み込んでいた。

太田家<エア太田まつり対バンスペシャル>渋谷RUIDOK2(2020年12月19日)

太田家<エア太田まつり対バンスペシャル>渋谷RUIDOK2(2020年12月19日)

太田たけちゃんの絶叫を合図に、太田家はぐいぐいと夏を連れ戻すように「夏のイカれ野郎」を演奏。太田彩華も歌声のギアを一気にワイルドな面へシフトチェンジ。

時にしゃくり上げるような歌い方も見せつつ、可愛らしさと挑発的という二面性を巧みに織りまぜ、夏が持つ解放感にイカれた能天気なさまを体現していた。太田彩華の歌声の中から見えたワイルドな姿も、とても挑戦的で刺激的だった。
  
太田彩華がコントローラー型のマイクを手にした……ということは、そう、アニメ『クソゲーって言うな!』のテーマ曲「クソゲーって言うな!」の出番だ。エモーショナルでスピーディな太田家流ファストコアナンバーに触発され、フロアではその場で飛び跳ねる人たちも登場。太田彩華も早口で次々と言葉をまくしたて、観客たちを熱く熱く煽った。

続く「太田家」では、会場中の人たちと“おおた”コールならぬ“おおた(OOT)振り”をしながら一体感を作り上げていく。「太田家」は、メンバーの自己紹介も交えた、胸を騒がせるシンガロングチューン。声を出せる環境なら、きっと観客とともに“イエーイエーイエー”と叫んでいたところだが、それができない分、会場中の人たちが“OOT振り”をしながらライブを楽しんでいた。

太田彩華の歌声から始まる「夢の散歩者」では、太田たけちゃんの熱い叫び声へ合わせフロア中から拳が突き上がる。歌を掛け合い熱狂する場面もあるが、それ以上に、太田彩華のハートフルかつエモーショナルな歌声に導かれ、胸の内側から気持ちが熱く沸き立った。

太田エリカ様のライトハンドを用いたタフ&ワイルドなギタープレイが炸裂しくり出されたのは、インストナンバーの「Sky-雲外蒼天-」。この曲では、太田エリカ様の火を噴くようなプレイを筆頭に、野趣あふれるギター演奏を堪能できた。

また、太田エリカ様と太田彩華が顔を見合わせ演奏する場面も。太田エリカ様はステージのセンターに立ち、野太くも開放的な旋律を次々解き放ち、観客たちの気持ちを昇天させていった。

太田家<エア太田まつり対バンスペシャル>渋谷RUIDOK2(2020年12月19日)

太田家<エア太田まつり対バンスペシャル>渋谷RUIDOK2(2020年12月19日)

“太田家と一緒に青春を送ってくれますかー”の言葉に続いて飛び出したのが、THE-HIGH-LOWSのカバー曲「青春」。女性ボーカルというフィルターをかけたこともあるのか、原曲よりも甘酸っぱい青春の香りを振りまく楽曲として聴こえてきたのが嬉しい。時にがなり声も混ぜながら、太田彩華自身が真っ直ぐな気持ちを声に乗せて歌っていた。

ガガガSPのカバー曲「卒業」は、太田彩華が“さよさよならさよならさよならー!!”と切なくも甘い歌声で歌い出しながらスタート。ゆったりとした演奏に乗せ、太田彩華は、いまだに終わった恋を卒業できない気持ちを責めるように、忘れられない人へ向けた愛しい想いを切々と語り続けていた。

この曲では、声優・太田彩華としての真骨頂を発揮。歌う詩人といえばいいだろうか、傷ついた痛む心模様を、彼女は語りと歌声を巧みに使い分けながら届けてきた。しかし終盤は一気に転調。いきなり激しくエモーショナルに楽曲が変化し、太田彩華は再びコントローラー型マイクを手に、愛しき想いを絶叫していた。

カバーシリーズの最後を飾ったのが、モンゴル800のカバー曲「小さな恋のうた」。最初からエモーショナルな演奏をぶつけるバンド隊。太田彩華は、胸の内から沸き上がる気持ちへ少しずつ熱を加え、サビで一気に感情を炸裂させる。疾走する楽曲の上で、メンバーらと気持ちを1つにしながらともにサビを歌い上げていった。

時に歌をかけあい気持ちを熱く高ぶらせ、サビで一気に感情を爆発。エモーショナルな歌声を響かせ、みんなで気持ちを合わせて上がっていく太田家のライブ。その感覚が、とても気持ちよい。

太田家<エア太田まつり対バンスペシャル>渋谷RUIDOK2(2020年12月19日)

太田家<エア太田まつり対バンスペシャル>渋谷RUIDOK2(2020年12月19日)

ライブは終盤へ。ここで太田彩華は、“春に上京した時の不安とワクワクが重なった当時の気持ちをこの歌に記しました”と語り出す。

さらに、“青春とは美しいだけじゃない、痛くて、脆くて、ダサい。それでいいなと思います。あの頃が良かったなと思う時が来ると思います。今が以前と勝てないと思う時もあります。そう思えているのは、自分が宝物をいっぱい持っている証拠だなと思います。これからも一緒に想い出を作っていきましょう”と話した。

そしてあの頃の自分へエールを送るように、「名もなき少年の 名もなき青春」を力強く歌唱。“僕が歌わなきゃ 誰が歌うというんだ”と叫ぶ言葉も印象深く胸に突き刺さる。青春を懐かしむのではない、今も青春という真っ只中で心を燃やしているからこそ、昔の自分さえ今を輝かせる糧にできるのだと彼女は歌っていた。またそのエモーショナルな想いを、3人のメンバーたちが熱く盛り立てていた。

最後に太田家は、愛と感謝の気持ちをいっぱい込めながら「ツアーは続く」を届けた。太田彩華のベースのフレーズは甘くて感傷的で、そこへ絡む太田ひさおくんのシンセの音色がとても温かい。太田彩華を支えるさまざまな人たちへの感謝の気持ちを伝えるように、彼女は優しい声で歌っていた。

歌い終えた後に、“太田”、“家(やー)”と声と手を振り合いやりとりしていくさまも印象深く見えた。

<エアおおたまつり>も、今回で終了になる。しかし、このシリーズを通して得るものが、メンバーも、ファンたちも多かった。だからこそ、またこの続きをいつかやってほしいと願う。

太田家<エア太田まつり対バンスペシャル>渋谷RUIDOK2(2020年12月19日)

太田家<エア太田まつり対バンスペシャル>渋谷RUIDOK2(2020年12月19日)

<エア太田まつり対バンスペシャル>

2020年12月19日
渋谷RUIDOK2

BabooBee
「うきうきラリドゥダ」
「Right Now」
「BUCHIAGE」
「オリジナル」
「Cry Cry」
「マリア」
「ひとりぼっち」
「LoveMeBaby」
「パッパラ」
「Vision」

太田家
「愛とアストロノミア」
「星明かりのメロディ」
「夏のイカれ野郎」
「クソゲーって言うな!」
「太田家」
「夢の散歩者」
「Sky-雲外蒼天-」
「青春」
「卒業」
「小さな恋のうた」
「名もなき少年の 名もなき青春」
「ツアーは続く」

TOPICS

ジャンル