top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

<歌手生活50周年・特別インタビュー>八代亜紀「私が歩んだ昭和炎歌」(4)「令和の舟唄」を心の助けに

アサ芸プラス

──コロナ禍でエンタメ、特に音楽界はイベントができなくなりました。そんな中、演歌、歌謡曲はBSの音楽番組でたくさん放送されています。BS11で冠番組もやっていますね。

八代 今は地上波の音楽番組は2、3あるくらい。BSが演歌、歌謡番組を連日のようにやっています。私が出演している番組も毎日のように放送されるし、再放送もあるので「ずっと出てません? 番組増えた?」なんて言われて。BS11で放送している「八代亜紀 いい歌いい話」(木曜20時)には若い歌手の方もゲストに呼んで、とても喜んでもらっています。視聴率もいいんですよ。

──コンサートもできなかったわけですからね。

八代 コンサートは3月から9月まで全部、飛びました。クリスマスの前には横浜のホテルでディナーショーをやりました。客席を半分にしてオンラインで。オンラインは3000円から。それからオンラインで食事が自宅に届くコースが(本来の)半額の2万円くらい、ホテルに宿泊してルームサービスで食事を楽しみながらオンラインで見るコースも。リモートの企画もどんどんやっていきたいですね。

──八代さんは画家としてもご活躍されていますが。

広告の後にも続きます

八代 個展をやるとものすごく人が集まりますけど、去年はできませんでした。箱根にある別荘に20畳くらいのアトリエがあって、以前は月に2回出かけましたが、最近は月に1回だけ出かけて描いています。「明日に生きる愛の歌」のミュージックビデオはアトリエで撮りました。YouTube「八代亜紀ちゃんねる」で見ることもできますよ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル