top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

はじめしゃちょー、家具に1200万円かけた東京の新居を初公開!静岡との2拠点生活がスタート

テレビドガッチ


マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。1月9日の放送は、「マツコを圧倒したあの人の新たな人生SP」と題して、人気YouTuber・はじめしゃちょーの東京進出に密着した。

静岡を拠点に「やってみた」系の動画を発信しているはじめしゃちょーは、昨年5月にHIKAKINらと共に番組に登場。マツコから「なんで東京出てこなかったの?」という質問には「東京だと人が多いじゃないですか。根本的に人間があまり好きじゃなくて」と答えていた。しかし、東京での仕事が増え、移動時間に動画の編集ができないことから、時間を有効に使うために移住を決意。番組は、はじめしゃちょーの東京の新居に潜入することに。

新居に足を踏み入れた番組スタッフは、そのゴージャスさに圧倒。はじめしゃちょー本人が「完全に成金のお家になってしまいました」と言うように、回転する変わった形のイスや、プロジェクター付きの照明など、3LDKの部屋は見たこともないインテリアで彩られていた。

実は、家具は全てインテリアコーディネーターにコーディネートしてもらったそうで、その総額は約1200万円。はじめしゃちょーは「いい部屋に住んだんで、どうせなら家具も良くしようかなと思いまして」と理由を語った。

希望にあふれた新生活に見えるが、一方で、はじめしゃちょーは東京の“怖さ”にも言及。「周りに流されそうで怖い。いままで静岡で1人だったので、人に影響されることないんですね。やっぱ東京は人が多いので、いろいろなこと見たり聞いたり、自然に入ってくるのが東京だと思うので、自分の軸がブレそうで怖い」と本音を漏らしていた。

そんな不安をぬぐうために、まだ静岡の家も残してあるというはじめしゃちょー。“静岡愛”が強いのはもちろん、静岡でしか撮れない動画などもあることから、これからは東京と静岡の2拠点生活を送っていくという。

現在、YouTubeのチャンネル登録者数が905万人のはじめしゃちょーは「あと95万人で1000万人なんで。そこまでは何も考えずに突っ走ってみようかなって思っています」と心境を吐露。「1000万人までのテーマが“泥臭く走る”なんで」と意気込むが、スタッフからは「このお部屋見ると泥臭感が……」とツッコまれてしまう。

テレビ初公開となった新居や、はじめしゃちょーの“静岡愛”に、インターネット上ではコメントが殺到。「はじめしゃちょーのお家すごすぎ!」「静岡が好きって言ってくれてありがとう」「静岡について語ってるのなんか嬉しい」などの声が寄せられていた。

次回1月16日の放送は「東南アジアで大成功した日本人」と中継を結ぶ。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル