top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

杉野遥亮、竹原ピストルらが演じる“小学生男子”が反響「こうゆう子いたな!」

テレビドガッチ


杉野遥亮が主演を務めるドラマ『直ちゃんは小学三年生』(テレビ東京系、毎週金曜24:52〜 ※一部地域を除く)がスタート。1月8日放送の第1話では、杉野ほか、出演者が演じる“小学生”の演技がリアルとインターネット上でも注目を集めた(以下、ネタバレが含まれます)。

ドラマ『ハケンの品格』(日テレ系)、『教場Ⅱ』(フジテレビ系)への出演など目覚ましい活躍の杉野が、今作では小学三年生の少年・直ちゃんを熱演。その仲間たちとして渡邊圭祐、前原滉、竹原ピストルらが同じくランドセル姿の小学生を演じる。

ある日、てつちん(前原)と山ちょ(竹原)が公園で遊んでいるところへ直ちゃんが通り掛かる。話を聞くと、山ちょがメンコを拾ってきたので遊んでいたという。「誰が一番大きい音が鳴るか、大きい音対決しようぜ!」と、てつちん。やがて3人でワイワイとメンコ対決がはじまる。

その後、金持ちで頭のいい少年・きんべ(渡邊)が通り掛かり、直ちゃんらの輪に入る。一緒になって遊んでいたきんべだったが、山ちょがメンコだと思って拾ったのがICカードの「NORUMO」であることに気づく。

「中に大金がチャージされているかもしれないんだよ? 叩きつけて使えなくなったらどうすんの?」と血相を変えるきんべ。てつちんは「山ちょがいちばん大きい音鳴らしてた」と山ちょに責任をなすりつける。

「そんなにすごいカードを持ってたら、泥棒だと思われて逮捕されるんじゃない?」という山ちょの言葉にビビる3人。しかし、てつちんの「落とし物拾ったら1割もらっていいって父ちゃん言ってたぜ」という言葉に心が揺れ、おそるおそる「NORUMO」を使ってみることに。

きんべとてつちんは駄菓子屋で両手いっぱいの菓子を「NORUMO」で買おうとするが、店のおばあちゃんに話が通じず断念。直ちゃんと山ちょは自販機でジュースを買おうしてみるも、使い方がわからず悪戦苦闘。持て余した4人は、公園の片隅に「NORUMO」を埋め、ひとまず解決した。

ある日、4人が直ちゃんの家に集まっていると「さのっちの親が学校に来ていた」という話題に。さのっちの親は「小学校は義務教育だから」という理不尽な理由で給食費を払っていないらしい。「さのっちが給食を食べられなくなるかもしれない」と4人はなけなしの小遣いを出し合い、さのっちの給食費をカンパしようとするが、必要な金額には遠く及ばない。すると山ちょが「あれは?」と、先日埋めた「NORUMO」を思い出し……。

ネット上では、「小学生あるある」がたっぷり詰まった杉野らのリアルな演技に「『このドラマの登場人物は誰がなんと言おうと小学生です』っておことわりから始まったけど、そんなの忘れるくらい全力で小学生男子だった」「体操着袋? 振り回しながら帰宅してたの可愛かったし、こうゆう子いたな! って思った」。また、純粋で元気な“小学生”たちが見せるほんわかとした日常ストーリーについても「クスってなって懐かしくなるあたたかい感じ」「子供らしいユルさがあり、ほんわかしてたら、芯をつくこと言ってて 面白い……」との声が寄せられていた。

次回1月15日放送の第2話では、直ちゃん、てつちん、山ちょが秘密基地を作ることに。しかしクラスメイトのタケモン(平埜生成)とジュンヤ(やついいちろう)に見つかってしまい……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル