top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「水戻し不要芽ひじき」で肉みそ時短メニュー!

たべぷろ

くらこんは「水戻し不要芽ひじき」を使った「ひじきの肉みそ」キャンペーンを2月ごろまで全国で展開する。期間中、商品パッケージに料理写真とレシピを掲載し=写真、ヒジキの新しい使い方と水戻し不要だからこそ時短でおいしく作れる時短メニューを紹介する。

「ひじきの肉みそ」は、ご飯や冷奴などにかけて食べる甘辛い味噌味の料理で、濃厚な肉味噌にヒジキを入れることで、具材感や新たな食感が生まれ、そのまま食べてもおいしい一品となる。ひき肉を炒め、ヒジキと調味料と一緒に煮るだけの簡単レシピ。

「ヒジキの料理に関しては、『煮物ばかりでマンネリ感がある』『レパートリーを増やしたい』などの悩みがある。そこで、ご飯のお供や丼の具、冷奴、ナスや大根の田楽などさまざまな料理に使える肉味噌にヒジキを混ぜることで、他の料理にヒジキを取り入れていただけるきっかけにもなる。同品は水戻し不要のヒジキのため、一般的な乾燥ヒジキと比べて、水戻しの約30分や水戻しに使用した調理器具の洗う手間などが不要で、そのまま入れるだけ。いつもの肉味噌を作る要領で作っていただけるため、お客さまもチャレンジしやすいのでは」(同社)との考えだ。

◇日本食糧新聞の2020年11月16日号の記事を転載しました。

TOPICS

ジャンル