top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

マルチハンガーを使って自分だけの「焚き火基地」を作ろう

&GP

焚き火台を取り囲む耐熱テーブルは、アツアツの鍋やカップを置けるし小物整理に役立つ優れもの。でも、耐熱テーブルを広げると狭い区画サイトでは動きにくくなりますよね。そんなときに役立つのが垂直方向に小物を整理できるハンガー。立体的にレイアウトを考えるキャンパーが増えているんです。

尾上製作所の「マルチハンガー」(7920円)も空間を利用できるアイアン製ハンガーです。アングルパイル(脚)を4本使えば、硬い地面でも自立OK。

このアングルパイルがポイントなんです。

▲アングルパイル2本で作ったコンパクトなセッティング

先端がとがっているので地面に打ち込むことができるし、等間隔に3つの穴が空いているので小ハンガーを差し込んで焚き火台との距離を短くもできます。

広告の後にも続きます

▲アングルパイル4本で差さずに自立型セッティング

アングルパイル2本+ハンガー大を使ってもいいし、アングルパイル1本にハンガーを差し込んでコンパクトにまとめてもよし。フルセットだと重量5.3kgですが、アングルパイルを減らすことで軽量化を実現できます。

「ハンガー大」(990円)、大ハンガー2本と2本のハンガーをつなぐゴトクのセット「マルチハンガーパーツセット」(3080円)など拡張オプションが豊富。DIY魂、創造力を刺激します。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル