top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

前田公輝の“パワハラ直樹とスマイル直さん”の一人二役ギャップに「粋キュン」の声『江戸モアゼル』

テレビドガッチ


岡田結実が主演を務める木曜ドラマF『江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)が、1月7日に放送スタート。インターネット上では、前田公輝が演じる役どころのギャップに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

江戸時代からタイムスリップしてきた花魁・仙夏(せんか/岡田)が、令和の東京を舞台に繰り広げるハートフルなラブコメディ。登場人物が全員ちょっぴり不器用で、見ている人をじれったくさせるような淡い恋物語を繰り広げる。

カフェでアルバイトをしている蔵地俊輔(葉山奨之)が、やさぐれながら帰っていたある日、花魁姿の女性を目撃する。幻覚だと思って見てみぬふりをしたが、居候させてもらっている叔父の蔵地雄彦(田中直樹)宅で、先ほどの女性が鎮座していた。

“道に迷っていたから”という理由で花魁の女性を招き入れたらしい。江戸マニアの娘・蔵地寿乃(山口まゆ)は大はしゃぎして受け入れるが、俊輔だけは「令和だよ!?」と否定的。そんな中、彼女は「涼八屋の仙夏でありんす」と自己紹介した。

ロボット掃除機に慌てたり、スマホに怯えたりと様子のおかしい仙夏。図書館に行ってきた寿乃は、仙夏が、江戸時代に吉原で伝説を残した本物の花魁だということを調べ上げる。仙夏は、江戸時代に帰ることができるまで、蔵地家に住むことに。さらに、俊輔とともにカフェでアルバイトをすることになった。

そんな中、仙夏は、俊輔が高校の同級生でカフェの常連客・春日泉美(吉谷彩子)に恋心を抱いていることを見抜く。「助けてもらった恩があるからね」と、2人の仲を取り持つという。後ろ向きの彼に対し、仙夏は意味ありげに「明日には一緒にいられなくなるかもしれない。そうなってからじゃ遅いんだよ」と語りかけた。仙夏には憧れの人“直さん”がいたのだ。彼女は、夜一人になると笑顔の“直さん”を思い出し、悲しみに暮れていた。

一方、泉美は仕事にまい進。上司(秋元才加)に声をかけられ、いっそうやる気をみなぎらせる。しかし、プレゼンがうまくいかず、社長・鳥居直樹(前田)から叱責されてしまった。「期待していたのに」という言葉にひどく落ち込む泉美。仙夏は彼女を鼓舞するために、社内で舞を披露する。仙夏のおかげもあって、一件落着となった。

その後、コーヒーの配達にやってきた仙夏は、部下を叱責する直樹の姿を目撃。彼の顔を見て驚く。憧れの人“直さん”と瓜二つだったのだ。有無を言わさず抱きつきにいくが……。

ネット上では、前田の演技に注目。令和のパワハラ上司・直樹と、優しい江戸時代の“直さん”の演じ分けに「鳥居社長と直さんのギャップ……よき……」「にこにこキューティ江戸直さんとクールビューティ令和直さんが頭から離れねぇ。粋キュンしすぎて寝れないよぉ」「公輝くん目当てで見始めたけどお話めちゃくちゃ面白いです!」との声があった。

次回第2話は1月14日に放送。仙夏は、鳥居が江戸での思い人だった直次郎に違いないと思うが……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル