top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

世界最高額は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング16~20位。韓国代表FWはスペシャルな存在、ドイツで進化する有望株たち【2021最新版】

フットボールチャンネル

世界最高額は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング16~20位。韓国代表FWはスペシャルな存在、ドイツで進化する有望株たち【2021最新版】

20位:1年半で市場価値は8倍に

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いサッカー選手は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※成績は1月7日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠
——————————————–

DF:アルフォンソ・デイヴィス(カナダ代表/バイエルン・ミュンヘン)
生年月日:2000年11月2日(20歳)
市場価値:8000万ユーロ(約96億円)
今季リーグ戦成績:7試合出場/0得点0アシスト

 アルフォンソ・デイヴィスは19歳で名門バイエルン・ミュンヘンの主力になった。昨季は最終ラインに負傷者が相次ぎ、ウインガーだったデイヴィスは左サイドバックにコンバート。これがデイヴィスのポテンシャルを引き出す契機となった。

 内戦が起きたリベリアで生まれ、ガーナの難民キャンプからカナダへと渡った。14歳のときにMLSのバンクーバー・ホワイトキャップスの育成組織に加わると、1年足らずでトップチームデビュー。カナダ代表でも史上最年少出場記録を塗り替え、MLSレコードとなる総額1900万ドル(約21億円)とも言われる移籍金でバイエルンにやってきた。

 評価はうなぎ上りで、バイエルン加入時に1000万ユーロ(約12億円)だった市場価値は1年半で8倍に。今季は10月に足首の靭帯を痛めたが、12月に戦線復帰を果たしている。

<h2>19位:最年少記録を塗り替える18歳

FW:アンス・ファティ(スペイン代表/バルセロナ)
生年月日:2002年10月31日(18歳)
市場価値:8000万ユーロ(約96億円)
今季リーグ戦成績:7試合出場/4得点1アシスト

広告の後にも続きます

 16歳でバルセロナのトップチームでデビューしたアンス・ファティは次々と記録を打ち立てている。ラ・リーガ初得点、UEFAチャンピオンズリーグデビューと初得点はクラブ史上最年少。17歳の誕生日を迎える直前にはU-21スペイン代表でプレーし、昨年9月にはスペイン代表史上最年少ゴールを決めている。

 クラブからの期待は計り知れないほど大きく、契約解除金は4億ユーロ(約480億円)に設定されているという。切れ味抜群のドリブルでゴール前に侵入し、両足から正確なシュートを放つ。ボックス内でのプレー選択は18歳のものとは思えないほど落ち着いている。

 今季はラ・リーガ7試合で4得点を挙げたが、11月7日の試合で左膝を負傷。内側半月板損傷と診断され、手術からの復帰は4か月を要すると見られている。

<h2>18位:移籍金120億円でチェルシー加入

MF:カイ・ハフェルツ(ドイツ代表/チェルシー)
生年月日:1999年6月11日(21歳)
市場価値:8100万ユーロ(約97億円)
今季リーグ戦成績:15試合出場/1得点3アシスト

 11歳でレバークーゼンの下部組織に加わったカイ・ハフェルツは、クラブ史上最年少の17歳126日でトップチームデビューを果たした。若くしてレバークーゼンの司令塔となったハフェルツは、ブンデスリーガ史上最年少で100試合出場を達成。今夏には総額1億ユーロ(約120億円)とも言われる移籍金でチェルシーに移籍している。

 189cmの長身で、かつてのドイツ代表レジェンド、ミヒャエル・バラックと同じキャリアを辿っている。柔らかいボールタッチは同じ左利きのメスト・エジルと比較されることも多い。左足のアウトサイドや右足からでも自在にパスを出してチャンスを生み出していく。

 ティモ・ヴェルナーら新加入選手が多いチェルシーは前線の最適な組合せを模索中。ハフェルツは開幕から先発で起用されていたが、年末以降は途中出場も多くなっている。

<h2>17位:世界最高の万能型MF

MF:ヨシュア・キミッヒ(ドイツ代表/バイエルン・ミュンヘン)
生年月日:1995年2月8日(25歳)
市場価値:8500万ユーロ(約102億円)
今季リーグ戦成績:8試合出場/2得点6アシスト

 ヨシュア・キミッヒは「フィリップ・ラームの後継者」と称される25歳だ。とにかく運動量が豊富で広範囲においてプレーに関与でき、非凡なパススキルに対人守備の強さ、そして傑出したインテリジェンスを武器に攻守両面で効果的な仕事を果たす。今や世界ナンバーワンの万能型MFと言ってもいいのかもしれない。

 バイエルン・ミュンヘンでは近年、右サイドバックとしてのプレーが基本だったが、昨季はバンジャマン・パバールが加入したことで再び中盤の底で起用されるように。同ポジションでもさすがの存在感を発揮し、ブンデスリーガやチャンピオンズリーグ(CL)制覇に大きく貢献している。

 評価は上昇の一途をたどり、現在はキャリア最高となる8500万ユーロ(約102億円)という市場価値がつけられている。11月のデア・クラシカー(ドルトムント戦)で右膝の半月板を負傷したが、1か月半の離脱を経て12月に復帰を果たした。キミッヒ不在の間にバイエルンは2勝3分と苦しんでいたが、キミッヒの復帰後にチームは再び軌道に乗せている。

<h2>16位:スペシャルな韓国代表FW

FW:ソン・フンミン(韓国代表/トッテナム)
生年月日:1992年7月8日(28歳)
市場価値:9000万ユーロ(約108億円)
今季リーグ戦成績:16試合出場/12得点5アシスト

 今季のソン・フンミンは開幕から絶好調で、貴重なゴールを量産している。2日のリーズ戦では、クラブ通算100得点を達成。ハリー・ケインとのコンビは阿吽の呼吸で、首位に立つトッテナムをけん引している。

 19年12月のバーンリー戦で約70mをドリブルで独走して決めたゴールにより、FIFA年間最優秀ゴール賞にあたるプスカシュ賞を受賞。トッテナム在籍6年目を迎え、正真正銘のワールドクラスの仲間入りを果たした。

 ジョゼ・モウリーニョ監督は「彼はスペシャルな選手なだけではない。スペシャルな人間だ」と、人間性も含めたソン・フンミンのキャラクターを絶賛する。レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が獲得を熱望しているという噂もあるが、トッテナムは週給20万ポンド(約3000万円)の新契約を提示して引き留めに図ると見られている。

【了】

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル