top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

報徳学園の「伝説の人」を目標にプロを目指す早大の“147キロ右腕”西垣雅矢

週刊ベースボールONLINE

「優勝に貢献して、プロに行きたい」



早大・西垣雅矢は練習始動日となった1月5日、プロ志望を表明。報徳学園高では3年春のセンバツ甲子園で4強進出へと導いている

 2002年10月上旬、報徳学園高に在籍した尾崎匡哉(元日本ハム)の取材へ行った。ドラフトを控えた思いを聞く、直前企画である。

 同年春、報徳学園高はセンバツを28年ぶり2度目の制覇。グラウンドでは、尾崎とともに、優勝の原動力となった大谷智久も大学進学へ向けて汗を流していた。そこで、永田裕治監督(現・日大三島高監督)はふと、口にした。

「大谷には、何も言うことはない。正直、このままプロへ行ってもやれると思います」

 大谷は早大で東京六大学通算18勝を挙げ、トヨタ自動車では2度の日本選手権制覇に貢献。2010年ドラフト2位でロッテに入団した。実働10年で通算120ホールド。マリーンズのブルペンを支え続け、昨季限りで引退した。

 前置きが長くなった。

 早大は1月5日、新年の練習をスタートした。報徳学園高、早大と大谷と同じ道を歩んできた147キロ右腕・西垣雅矢(新4年)は、大学卒業後の目標として「プロ」を掲げた。

「大谷さんですか? 報徳では『伝説の人』として語り継がれていました。とにかく真面目過ぎる、と。だからこそ、あれだけ長く、プロで活躍された。自分も誰よりも努力して、態度の部分で見せていきたいと思います」

 西垣は報徳学園高のエースとして、17年春のセンバツで4強進出。早大への進学が決まった17年12月、母校にあいさつへ来た大谷と一度だけ会ったことがある。西垣はあまりの緊張により、大先輩へ対して「早稲田へ行きます!」と報告するのがやっとだったという。

 昨秋までリーグ戦通算6勝(3敗)。先発投手として、1試合を投げ切るため、打者3巡目以降の投球を課題にしている。ストレートの球質アップに加えて、チェンジアップら緩急自在の配球を追い求めている。

「優勝に貢献して、プロに行きたい」

 巨人ファンであり、菅野智之のような圧倒的なピッチングを目指している。そして、先輩・大谷のように息の長い投手になるのが目標だ。

文=岡本朋祐 写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル