top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

ジャニーズWEST・桐山照史が激辛ラーメンを食べる姿にファン惚れ惚れ「汗が美しすぎてスパンコール貼り付けてるのかと思った」『ゲキカラドウ』第1話

テレビドガッチ


ジャニーズWEST・桐山照史が主演を務めるドラマホリック!『ゲキカラドウ』(テレビ東京系、毎週水曜24:12〜)が、1月6日に放送スタート。インターネット上では、桐山の食べっぷりに多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

大阪支社から東京本社・営業促進室へ栄転となった飲料メーカー「ロンロン」の社員・猿川健太(桐山)。しかし、配属先で彼を待ち受けていたのは“激辛料理”が大好きな同僚だった……。

東京初日。猿川は、「信濃屋酒店」へ営業に行くも失敗。店主の葛城一郎(相島一之)に、パソコン作業が忙しいと足蹴にされてしまう。後輩の篠宮亮介(7 MEN 侍・中村嶺亜)に騙される形となり納得がいかないものの、その日の夜は、歓迎会に参加することに。会場は韓国料理店。失敗したことを告白するも、上司の⾕岡和彦(平⽥満)は気にしない素振りで「飲んで食べて明日の活力にしよう」と声をかけてくれた。

促進室の紅一点・⼤河内友⿇(泉⾥⾹)や、先輩社員の秋⼭雅⼈(前川泰之)なども参加し、会がスタート。机に並べられたのは激辛料理の数々だ。黙々と料理を口に運ぶ社員たちの様子をみて、猿川は唖然とする。そんな彼をみかねて谷岡は「本物の辛さを知ってこそ、何事にも打ち勝つ力が備わる。辛い(からい)という字は辛い(つらい)とも読める。しかし、一本足せば幸せという字になるんだ」と語りかけた。

後日、営業の昼食休憩中。間違って激辛ラーメンを頼んでしまった猿川。それは通常よりもかなり辛いメニュー。周囲の客の冷ややかな目に対抗心をもやした猿川は、バクバクとラーメンを食べていく。なぜ、ここまで辛いものが人気なのか分からなかったが、店の外に出るとその理由がわかった。「風が心地いい。まるで生まれ変わった気分や。力がみなぎってくる!」

猿川はその足で再び「信濃屋酒店へ。葛城が悪戦苦闘していたパソコン作業をすぐに解決し、信頼を勝ち取ることに成功した。帰社すると、友⿇から、それぞれの店に「◯辛」と書かれた新規開拓店舗一覧候補リストを渡される。そのリストを開くと「信濃屋酒店」は1辛だった。

ネット上では、桐山の奮闘ぶりに「こんな桐山坦にご褒美映像なドラマが本当に存在してるのか……これは幻なのでは」「(激辛ラーメンを食べるシーンで)汗が美しすぎてスパンコール貼り付けてるのかと思ったよ!?」「照史くんのいいところが存分に堪能できた! 食べっぷり素晴らしい!」との声があった。

次回第2話は1月13日に放送。猿川は「2辛」の激安スーパーに営業へ行くことになるが……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル