top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

宮本慎也が動画で明かした長嶋監督「動物的カン」秘話が味わい深いワケ

アサ芸プラス

 ヤクルト一筋19年、球界屈指の名手と評判の高い、元プロ野球選手の宮本慎也氏が、名球会が運営する公式YouTubeチャンネル〈日本プロ野球名球会チャンネル〉に出演、ミスターこと長嶋茂雄氏の「動物的勘」の鋭さに舌を巻く過去エピソードを明かす動画があった。

〈【宮本慎也は見た】プロ野球の名将たちの知られざる素顔〉とタイトルがついた昨年11月27日投稿回である。観てみると、アテネ五輪前年の予選が行われた2003年に話は遡る。長嶋氏の体調不良から、五輪本戦ではヘッドコーチの中畑清氏が日本代表監督の指揮を執ったが、予選で監督を務めたのは長嶋氏だった。

 初戦は対中国。宮本氏が「まず最初にビックリしたのが…」と語るのは、1番の松井稼頭央氏がデッドボールで塁に出た場面でのこと。2番の宮本氏には手堅く送りバントの指示が出るかと思いきや、サインはまさかのヒッティング。「中国くらいで何ビビってんだ」といった長嶋氏の気概ではないかと想像した宮本氏は、結果、ライト前にヒットを打った。

 また、その年にはパ・リーグの首位打者となった小笠原道大氏を、初戦での不振から2戦目には下位に打線を組み替えるなど、長嶋氏は大胆な判断をした。短期決戦では我慢したまま、終わってしまう可能性もあるが、1試合見ただけで判断できるのかといった懸念もある中、宮本氏は「パッと変えて、またそこにチャンス来て、小笠原打つみたいな…」と、長嶋氏の決断力、思い切りの良さといった「動物的カン」の鋭さを評したのだった。

 昨年の日本シリーズは、巨人のクリーンナップは明らかな不調にもかかわらず、打順に何も工夫も見せないまま終わった気がしてならない。長嶋監督なら、どんな采配を見せたのかといった叶わぬ妄想を思わず膨らませてしまうような「味わい深さ」のある動画であった。

広告の後にも続きます

(ユーチューブライター・所ひで)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル