top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「全集中の呼吸」は本当だった!医師も認める呼吸の力

パラサポWEB

新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの人がいつ終わるとも知れない自粛生活を強いられている。そんな中、体調不良を訴える人が急激に増えているのはご存じだろうか。もしかしたら、これを読むあなたも毎日何となくだるいとか、朝起きられない、やる気が出ないなどと感じているかも知れない。その悩みを解消するカギは、「人体の生命維持装置」である「自律神経」。今回は、この働きを改善する「呼吸」の秘密についてご紹介しよう。

実はすごいパワーを持っていた!スポーツ選手も必ず取り入れる「呼吸法」とは

スポーツドクターとしても活躍する順天堂大学医学部教授・小林弘幸氏
©︎小林弘幸

日本で初めて病院に「便秘外来」を開設し、「腸のスペシャリスト」「自律神経の専門家」として著名な順天堂大学医学部教授・小林弘幸氏。順天堂大学では医師や病院スタッフがタッグを組んで、千葉ロッテマリーンズ選手の体調、栄養、ケガ予防、コンディショニングアップの指導などにもあたっているのだが、小林氏はスポーツドクターとしてさまざまなアドバイスを行っている。その中心にあるのが呼吸法なのだという。

「一流スポーツ選手は総じてメンタルが強いものです。そんな彼らでもゲームの大切な局面では脈拍が速くなり、呼吸は浅くなります。それでも最高のパフォーマンスを行うためにするのが、“深い”呼吸。世界的に活躍した日本の女子テニス選手は、朝と夜に30分ずつ呼吸とイメージトレーニングを組み合わせたルーティンワークを行っていましたし、ラグビー日本代表選手として注目を集めた五郎丸歩選手がプレースキック前に、いつも同じ動作と呼吸をしていたことは有名ですよね」

大ヒットアニメ「鬼滅の刃」でも主人公が身体能力を上げる時に使う「全集中の呼吸」が話題になっているが、呼吸に、何故そんなにも大きな力があるのだろうか。

「実は呼吸は、通常自分の意思ではコントロールできないと言われている自律神経の機能を唯一直接自分で高めることができる行為なんです。自律神経は、人間の呼吸、脈拍・血流、消化・吸収、免疫機能など、体内の環境を整える様々な機能に働きかけるので、体調やパフォーマンスに大きく影響します。つまり、良い呼吸(=深い呼吸)をすれば自律神経が整って体内のあらゆる機能が高まり、スポーツ選手ならより良い成績が残せるし、普通の人でも健康的な毎日を過ごせるようになるということです」

1日1分。 「深い呼吸」で心も身体もエネルギッシュに!

広告の後にも続きます

人間は1日に実に2万回ほどの呼吸をしているという。普段意識していないため、その数の多さに驚いてしまうが、自律神経を整えるには深い呼吸を1日1分でもいいからすることが大事なのだそうだ。

「難しいことを考える必要はないんです。大切なのはいつも無意識に、おざなりに行っている呼吸にじっくり向き合う時間を作るということ。全身に酸素や血液がめぐるイメージを持ちながらすると、身体ばかりか心も癒される感覚が味わえるはずです」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル