top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

金メダルに最も近い陸上競技・佐藤友祈の“挑戦する心”

パラサポWEB

ロンドン2012パラリンピックをテレビで見た。風を切って走るアスリートの姿に心を突き動かされ、陸上競技への道に進んだ。その後、急成長を遂げた佐藤友祈は、新人だったリオ2016パラリンピックで銀メダルを獲得。400mと1500m(T52)の世界記録保持者として挑む東京パラリンピックでは “金メダルに最も近い”選手として注目を集める。目標は「世界記録更新で金メダル」。コロナ禍でも揺るぎない信念で前に進む佐藤に、激動の2020について、そして今後の展望を聞く。

2021年の幕が明けた。新型コロナウイルス感染症はいまだ収束の兆しを見せず、厳しい状況が続いている。そんななか、東京パラリンピックの金メダル候補は新年をどんな気持ちで迎えたのか。

佐藤友祈(以下、佐藤)年末年始もトレーニングができているからか、まだ2021年になった実感はありません。ニュースを見て、早くコロナが収まってくれたらいいなと思いますし、東京パラリンピックが無事に開催されることを信じ、夏に向けてピーキングしていきたいと考えています。

今年はチャレンジの年です。タイムも縮めたいし、チャレンジすることでもっと自分を高めていけると思うとわくわくします。

2019年世界パラ陸上競技選手権大会で2個の金メダルを獲得し、東京パラリンピック日本代表に内定した ©Getty Images Sport

この4年間、日本やアジアの大会を戦うときに必ず口にしてきたのが「ぶっちぎりで勝ちたい」というこだわりだ。リオでは2種目とも強力なライバルであるレイモンド・マーティン(アメリカ)に敗れ、悔しい思いをしたからだ。ライバルの存在を糧にトレーニングを積み上げ、2019年に行われたパラリンピックの前哨戦である世界選手権の400mでそのマーティンに勝利した。

佐藤 マーティン選手も強くなっていると思うし、世界選手権で勝ったとはいえ決してあなどれません。世界記録を持っているのは僕だけど、パラリンピックのタイトルはまだ彼のもの。真の王者になるために、東京パラリンピックでは絶対に金メダルを獲ってリベンジを果たします。

広告の後にも続きます

漕ぎ出しが速いマーティンに対して、中盤から加速して捲るのが佐藤の勝利パターン。スタートの改善、スムーズな加速に加え、トップスピードを落とさず走り切る力も磨いた。雪辱を晴らす準備は整った。しかし……新型コロナウイルス感染症の拡大により、東京2020大会の1年延期が決まった。

佐藤 昨年のお正月は「もう少しで東京パラリンピックを迎えられるんだな」と、わくわくした気持ちで迎えました。そこから自然と気合いも入り、拠点とする岡山で冬季練習に励みました。2月になって日本でもコロナ患者が出てきたので、「東京2020大会の開催に影響してしまうかな」と少しずつ不安な気持ちが押し寄せてきました。それでも、まだ開催されると言われていましたし、変わらず練習できていたので大丈夫かなと思っていました。ですが、3月に入って海外の選手が不参加を表明するというニュースで見て、これは今年の開催は厳しいなと思うようになりました。3月に出場予定だった岡山のグランプリ大会も中止が決まり、いよいよという雰囲気だったので、東京パラリンピック延期の報せは「やっぱりな」という感じで受け止めました。心づもりをしていたからか、そんなに動揺はしなかったです。ただ、大変なことになってきたなって。

日本のエースに成長した佐藤は、東京パラリンピックで金メダルと世界記録を目指す

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル