top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

南海・江本孟紀は20勝できるのか/週べ回顧1972年編

週刊ベースボールONLINE

 3年前に創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

あだ名はルパン?



南海・江本


 今回は『1972年5月22日号』。定価は100円。

 南海・江本孟紀が20勝するのでは、という声が出ていた。
 東映に入団し、1勝もできぬまま1年で南海に移籍したが、4月9日現在で2勝2敗、防御率1.44はリーグ1位だった。
 江本は前年終盤、敗戦処理ながら南海戦で登板し、野村克也兼任監督の目に留まった。
「ピッチャーの大事な条件は常にバッターに攻撃的な気持ちを持っていることなんですよ。対戦したとき、ああこのピッチャー、使い方によっては面白いぞということを、自分が打っていて思ったわけです」
 と野村。その後、東映に移籍話を持ちかけた。

 江本は好調の理由について、
「野村監督の指導を受けてから体重がよく乗ってボールが低めに集まるようになった。それ以上にやる気が出たことです」
 と話していた。

 この男、当時の野球選手らしからぬファッションセンスでも知られ、一度、真っ赤なデニムのズボン(パンツ)をはいてロッカールームに現れたが、これは先輩の反対でお蔵入りにしたらしい。
「あいつはルパンや。やることも漫画的や」
 と先輩選手はあきれていた。

<次回に続く>

写真=BBM

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル