top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

ロボットやAIに憧れ、恐れを抱く「フランケンシュタイン症候群」とは?/毎日雑学

ダ・ヴィンチNEWS

 今回は「フランケンシュタイン症候群とは?」など、フランケンシュタインにまつわる雑学を紹介します。

【こちらも読みたい】▶︎ベストセラー本の翻訳家は、どうして出版業界を去ってしまったのか?

 現代で「ロボット」や「AI技術」が飛躍的な発展を遂げていることに関連して、フランケンシュタイン症候群という言葉を耳にするようになりました。しかし、この言葉を初めて耳にする人にとっては、一体どのような症候群なのか全く想像がつかないかもしれません。わかりやすく「フランケンシュタイン症候群」について解説していきますので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

フランケンシュタイン症候群とは?

 それではさっそく「フランケンシュタイン症候群」について解説していきましょう。フランケンシュタイン症候群は別名「フランケンシュタイン・コンプレックス」とも呼ばれています。

 現代ではロボットやAI技術が発展したことによって、日常生活もかなり快適になってきました。そんな中で、以下のようなことを考えたことはありませんか?

広告の後にも続きます

・人間の仕事がロボットに奪われてしまうのではないか?
・人間がロボットに支配されてしまうのではないか?

 簡単に言えば、このような心理のことを「フランケンシュタイン症候群」と呼びます。人間はロボットや人造人間、AI技術といったものを創造することに憧れますが、その反面でそれらの存在に対して恐れを抱くこともあります。

 このような、創造物に対する憧れと恐れが入り混じった複雑な感情のことを「フランケンシュタイン症候群」と呼んでいるのです。映画「ターミネーター」については、まさにフランケンシュタイン症候群がテーマの作品です。

そもそもフランケンシュタインとは?

 フランケンシュタインとは、もとはメアリー・シェリーの小説「フランケンシュタイン」に登場する怪物のことです。物語では、科学者を目指す青年が、生命を操る野望を叶えようとして怪物を生み出してしまいます。

フランケンシュタインにまつわる勘違い

フランケンシュタインは怪物の名前ではない

 皆さんはフランケンシュタインを怪物そのものの名前だと思っていませんか?

 フランケンシュタインは怪物を生み出した青年である「ヴィクター・フランケンシュタイン」の名前です。では、怪物にはどんな名前が付けられているのかというと、実は名前はないのです。作中では「怪物」と呼ばれているだけですが、小説のタイトルから「フランケンシュタイン=怪物の名前」という誤解を生んでしまったのでしょう。

原作の怪物は頭が良い

 フランケンシュタインといえば、大柄でノロノロと動き、知性が低い人型の怪物…というイメージが強いかもしれません。しかし、原作では俊敏に動き、とても知性が高い怪物として書かれています。

 現在のフランケンシュタインのイメージはどこから来たのかというと、後に作られた映画です。映画では怪物の動きが遅く、知性が低く描かれていることから、現在のイメージを生んでしまったのでしょう。

まとめ

 フランケンシュタイン症候群は別名「フランケンシュタイン・コンプレックス」とも呼ばれている。

 人間がロボットや人造人間、AI技術などに憧れを抱く反面、それらに人間が支配されてしまうことを恐れる、複雑な感情のことを意味する。

 フランケンシュタインは怪物の名前だと思われているが原作の怪物に名前はなく、フランケンシュタインは怪物を生み出した青年の名前である。

 フランケンシュタインは知能が低く、動きが遅いイメージがあるが、原作では知能が高く、動きが俊敏な怪物として書かれている。

※提供している情報には諸説ある場合があります。ご了承ください。

雑学.com

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル