top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『鬼滅の刃』声優・櫻井孝宏、伝説的バスケマンガ『スラムダンク』の再アニメ化を熱望!「その暁には…」

テレビドガッチ


声優の櫻井孝宏が、FODで配信中の有野晋哉(よゐこ)と神田沙也加がMCを務めるバラエティ番組『世界をマンガでハッピーに!〜セカハピ〜』にゲスト出演。櫻井が好きだという『聖闘士星矢』や『スラムダンク』などの話題で盛り上がった。

悩んでいる時やテンションを上げたい時など、様々なシチュエーションに合うオススメのマンガを視聴者からランキング形式で募集し、MCの有野と神田がゲストと共にランキングを書き換えていくこの番組。今回は、様々なアニメに出演し、近年は『鬼滅の刃』で冨岡義勇の声を演じている櫻井が登場した。

実は、家族全員が櫻井のファンでなおかつ“義勇推し”だという有野は、この日、櫻井のサインをもらうために、義勇のフィギュアやミニポスターを持参。一方で、櫻井も有野がMCを務めるゲームバラエティ番組『ゲームセンターCX』の大ファンだそうで「僕、おそらく、ここ何年かで一番緊張してる」と打ち明け、本気のファンの証として、番組のDVDを全巻所持していることを伝えていた。

そんな櫻井のマンガの目覚めは、子供の頃に友達の家で読んだマンガ雑誌。やがて週刊少年ジャンプを読むようになり、そこで『聖闘士星矢』と出会った櫻井は、その面白さにどんどんハマっていったという。しかし当時、櫻井の地元の本屋には『聖闘士星矢』の新刊が1冊しか入荷しなかったそうで、櫻井は「争奪戦みたいになって、誰が買ったかまで噂になるぐらい。怖いんですよね」と、驚きのエピソードを披露した。

さらに櫻井は、『きまぐれオレンジロード』や『伝染るんです。』など、懐かしいマンガ作品の思い出を振り返りながら、本題の「ステイホーム中に夢中になって読んだ漫画ランキング」では、かつてアニメ化もされたバスケットマンガ『スラムダンク』の魅力を力説。「何年かにいっぺん全部読む」ほど好きだという櫻井は「もういっぺんアニメ化してくんねーかなって」と笑わせ、「その暁には出たいな」と、声優ならではの願望を口にした。

すかさず「安西先生(役)ですか?」とツッコんでいた有野だったが、『スラムダンク』自体は登場人物たちの試合中のかけ声「ディーフェンス」が気になり、いまいちハマりきれていないことを告白。櫻井は、そんな有野に「ディーフェンス」の発音を丁寧にレクチャーし、疑問を解消。有野から「今日は来てくれてありがとう!」とお礼を言われていた。

お互いがファン同士だという“両思い回”となった今回。収録後はさっそく2人によるサイン交換会が行われ、櫻井は有野のサインに添えられたある文章に爆笑しながら、「これは嬉しいですよ!」と喜んでいた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル