top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「代打、長嶋一茂」に原辰徳の目は憤怒!?デーブ大久保、「94年のアノ試合」回顧!

アサ芸プラス

 巨人でも活躍した元プロ野球選手・大久保博元氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉に、巨人の一軍総合投手コーチを務める宮本和知氏が出演した。

 監督・原辰徳氏の人柄に触れ、大久保氏の「原さんの怒ったのって見たことなくて…」に端を発し、続けて「原さんの代打に一茂さんがいった時に…」の発言に、「あの時は空気が凍ったもんね」と宮本氏が神妙な面持ちで振り返る“原氏、まさかの代打劇”に話が及んだ。12月25日にの投稿回がその動画だ。

 ─1994年は左足アキレス腱の部分断裂から二軍スタートだった原氏。それでも中盤から終盤に向けて調子を取り戻しつつあったのだが、9月7日の対横浜戦、7回裏ワンアウトランナー無しの場面において、長嶋茂雄監督(当時)が告げた原氏の代打は、息子の一茂氏だった。結果はサードゴロで、試合も「1-2」で敗れている。

 動画での大久保氏によると、ベンチに戻ってきた原氏に「原さん…」と声をかけると、「お前さんね、実力の世界なんだよ。この世界は。打てなくて変えられるのはしょうがない」と口にしたのだとか。

 怒らないことに驚いたと話す大久保氏だが、原氏の目は真っ赤になっていた、と怒っていたのではないかと示唆しつつ、当時の印象を振り返ったのだった。

広告の後にも続きます

 理不尽とも思える長嶋監督の采配だが、実は長嶋監督も選手時代、1967年5月27日の対中日戦において、当時の川上哲治監督から代打を告げられた経緯がある。試合は「2-5」とやはり勝ちは拾えなかったようだが、あえて原氏を変えることによって「チームのムードを変えたい」「勝機を得たい」…そんな思いは長嶋監督の胸の内にあったかもしれない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル