top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

霜降り明星・粗品、年末競輪で大負け「借りた400万円なくなった」

SmartFLASH

 

 霜降り明星の粗品が、2020年12月30日配信の『KEIRINグランプリ2020特番〜粗品2020年最後の勝負! 狙え1000万!〜』(ABEMA)で、自腹の400万円を賭けて、1000万円を狙って競輪に挑んだ。

 

 粗品は軍資金について「本当にかき集めまして。吉本にもお金を借りるのが満額にいってるので、飲食をやっている知り合いに借りました」と借金までして大勝負。

 

広告の後にも続きます

 

 粗品は「吉本一のバクチ王」としてWヤングの中田治雄(本名・中田軍治)を尊敬しており、「軍治師匠の背中を追っかけてる。なので、僕は郡司(グンジ)軸で行きます」と郡司浩平選手に願いを託して3連単を狙った。大声で声援を送りながらレースを見守った粗品だが、結果は「最下位やんけ」と夢やぶれて落胆。「何してんねん……。借りた400万円なくなった」とボヤいていた。

 

 粗品は400万円を取り戻すべく、共演のラストアイドル3人から5万円ずつ計15万円を借りて、予想するも大外れに終わった。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル