top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

26時のマスカレイド[新春インタビュー後編]新たな冒険に出発する5人が示す羅針盤「去年はスタッフさんが頑張ってくれた部分も大きかったので、今年は私たちの力で結果を残したい」

Pop'n'Roll

26時のマスカレイドが登場するPop’n’Rollの新春特別インタビューの後編。昨年の振り返りをテーマにした前編に続いて、今回は、2021年1月〜2月に大阪、愛知、東京で開催する有観客ライブ<26時のマスカレイド スペシャルライブ ~ニジマスアドベンチャー~>や、1年間の目標について話を訊いた。変化とともに快進撃を見せた2020年を経て、今年、26時のマスカレイドはどのような活動を展開しようとしているのか? 今、5人が胸に抱くニジマスへの想いをお伝えしたい。

【画像はこちら】

撮影:西槇太一
編集協力:竹内伸一

私たちはいつもどおり(江嶋)

――2020年はコロナ禍で思うような活動ができなかったと思いますけど、それでも、2月には『26時“ちょい前”のマスカレイド』の放送が始まり、6月には中村さんが入り、10月にはドラマがあって、初めてがいっぱいあった1年だったと思うんです。2020年を振り返ってみて、コロナ禍だからこそ成長したなと感じる部分はありますか?

森:
うーん、よくも悪くもずっと一緒。私たちの中で、その前の年とここが変わったよねっていう部分って、特になくて。毎年、そういうことを感じたことがない。

江嶋:
果蓮が入ったけど、でも別に普段とそんなに変わってないし。

――確かに、中村さんはすごく自然にいますよね。

江嶋:
そうなんですよ。周りから“大きくなったね”、“勢いがすごいね”とか言われて、“ああ、そうなんやぁ”って思うくらいな感じです(笑)。

来栖:
“こういうところで曲を聴いたよ”とかね。私自身、生活する中で、自分の曲を耳にすることが増えました。お店屋さんに行っても流れているし、友達から“ビジョンで流れてた”って映像が送られてきたりとか。“えっ、そこで流れてるの!?”みたいなこともあるし。カラオケに行って、“何を歌おうかな”って選んでいたら、“♪あなたも~わたしも〜♪”って「二人だけの初めてをもっと」が流れてきて(笑)。自分たちはいつもどおり“頑張ろうね”ってやってきたんですけど、知らないところで、いろいろなところへ進出させてもらった気がします。知らないところでテレビに出ていることも多くって。“えっ、これ、出てたの!?”みたいなことがよくあります(笑)。

森:
ファンの人のタグ付けで気づいたり、自分が夜ふかししてゲームをしてて、テレビを観ているわけじゃないんだけど、流していたら自分の声が聞こえてきて“えっ!?”ってなったり。そういうことが最近は本当に多くて(笑)。

来栖:
知らないところでそうやって広がっているのは、ありがたいなって思います。ファンの方がそれを観て、喜んでくれているのも嬉しいし、家族や友達が“観たよ”って言ってくれるのも嬉しい。こういう時期なので、個人的にはちょっと停滞というか、やりたかったライブもできなかったですし、お客さんをたくさん入れてライブしたりもできないし、満足できたわけではなくて、どうしようって不安に感じたりもしたんです。でも、“あ、やっていて大丈夫なんだ”って安心はしました。

――それってきっと2019年だったらできていないことだと思うんです。2020年を迎えて、みなさんの実力が上がったからこそ、今の状況なのではないかと。でも、自分たちの中では自覚はない?

森:
ないですよ。周りの環境は変化していて、“新しいレーベルを設立して、関わるスタッフの方が変わってきているな”というのは感じていますけど、私たちが何かをしたから変わったというものではないと思う。

江嶋:
私たちはいつもどおり(笑)。

――ニジマスの魅力がより広く伝わったからということなんでしょうね。

森:
そういうことなんですかねぇ。

江嶋:
まぁでも、2020年は忙しかったよね。

来栖:
忙しかった(感情を込めて)!

江嶋:
自粛期間の時は、週に1回ラジオを録るくらいだったので……。

森:
終わったと思ったよね。

江嶋:
マジで終わったと思った。ライブもなくなるし。でも、新メンバーオーディションくらいからドタバタで12月まで来た感じです。

来栖:
気づいたら12月だったよね。

江嶋:
コロナでみなさんの前に出るのは、去年よりは少なかったですけど、グループとしての稼働はめちゃめちゃしてたんですよ。よかったなって思ってます、仕事がなくならなくて(笑)。

江嶋綾恵梨(26時のマスカレイド)

広告の後にも続きます

森みはる(26時のマスカレイド)

コールの気持ちよさを知ってほしい(来栖)

――2021年1月には<26時のマスカレイド スペシャルライブ ~ニジマスアドベンチャー~>が控えています。有観客でのライブになりますが、2020年に無観客ライブをやったことで、気づけたことはありますか?

江嶋:
コールがないのは、めっちゃ寂しいよね。

来栖:
うん、寂しい。

江嶋:
MCしていて、笑いが起きないのもちょっと最初は……。今も慣れたわけじゃないけど。私たちはMCでけっこうしゃべる方なので。

森:
しかも、謎に笑いを取ろうとしちゃうんだよね(笑)。

江嶋:
そう(笑)。みんなに笑ってほしいんですよ。

森:
笑うまで永遠にしゃべってたもんね。それでライブの時間が延びちゃうんですよ。

江嶋:
ホントにウケるまでやるからね(笑)。

森:
なんとか1本打ちたいから、ウケるまで何度も振るんです(笑)。

江嶋:
最近は笑い声もダメなんで……。何か言って“ははは”ってなることが、今はない。

森:
あの感覚、忘れちゃうよね……。

江嶋:
それに、ニジマスのライブは、ほぼほぼコールで成り立っていたんですよね。果蓮なんて、コールを聞いたこともないんですよ。

森:
あれを聞いたら泣くよ。

来栖:
コールの気持ちよさを知ってほしいよね。すごいよ、全然違うんだよ。

江嶋:
ワンマンとか、大勢のお客さんが、みんなニジマスが好きで来てくれて、みんながコールしてくれると“うわぁ~”ってなるよ。

来栖:
圧倒されるよね。

中村:
そうなんですね〜。

江嶋:
コールにゾワァ~っとくる感じは今はないので、それは早く戻ってほしいです。

森:
コールはなくても、お客さんがいる方が、笑っていてくれたり、手拍子や拍手をしてくれるんで、やっぱりやりやすいんですよね。今までは、お客さんがいないってことを考えたことがなかった。お客さんがいると、楽しまなくちゃとか、楽しませなくちゃって考える前に、自然と楽しくなれたんですよ。楽しすぎてニヤニヤしちゃう感じだったのに、初めて配信ライブをやった時は、顔が見えないから、“何人観ているのかな”とか、いろいろ不安になっちゃって。配信ライブでも楽しくやっているのに、“もっと楽しそうにしなくちゃ、笑わなくちゃ”なんて思ってしまうんですよね。

江嶋:
お客さんがいてくれた方が、絶対にやりやすいよね。

来栖:
ライブが楽しいのって、ファンの方からのリアクション、レスポンスがあるからだと思うんです。カメラに向かってパフォーマンスするのは、パフォーマンスを作り上げて、それを映してもらうっていう作業になっちゃうから、そこは自分の中でもすごくじれったい想いがありました。

――そんな経験を経て、<26時のマスカレイド スペシャルライブ ~ニジマスアドベンチャー~>では、お客さんを楽しませるために考えていることはありますか?

江嶋:
もともとのコンセプトを少しアレンジする予定です。当初は、果蓮が加入して1発目のライブになるはずだったんです。だから、今とは考えていたことがちょっと違うんですよ。でも、“アドベンチャー”というテーマは同じで、そこはしっかりしています。自粛期間中に好きになってくれた人がめちゃくちゃ多くて、定期公演とか、8割方初めましての方だったりするんですよ。だからツアーや今回のようなコンセプトのあるライブを初めて観る方も多いと思うんで、ニジマスはこういうライブをやるんだっていうものを見せたいなと思います。

――ワンマンライブならではの世界観を見せるので、楽しみにしていてほしいと。

江嶋:
そうですね。今回、初めての2部構成なんですよ。

――それは充実した内容になりそうですね。

江嶋:
“全公演来る!”っていう方もいるので……。

森:
満足していただけるといいんですけど……満足していただけるように練習します。たくさん練習します(笑)。

――2公演で内容が異なるんですか?

江嶋:
コンセプトがあるので、流れはある程度決まってしまうから、今回はできる範囲でということになるかなと。しっかりストーリーのあるライブなので、次の曲はこれしかないって観ている方も感じると思います。

森:
それにライブなので、何かしらのハプニングは起きるんですよ。

江嶋:
MCは全然違いますし。

吉井:
歌い方も変えるかもしれないし。

森:
おっ! じゃあ、変えてね。

吉井:
いや、変えない(笑)。

森:
めちゃめちゃ歌がウマい日もあるかもしれないし、“あれ、今日はどうした?”みたいな日もあるかもしれない。でも、それもライブだからね(笑)。

来栖りん(26時のマスカレイド)

中村果蓮(26時のマスカレイド)

ソーシャルディスタンスなしのライブができたら(吉井)

――では、最後に2021年の目標を聞かせてください。

来栖:
満員のライブは、まだ無理かな。

吉井:
ソーシャルディスタンスなしのライブができたらいいけど。

江嶋:
それができたら嬉しいよね。あと、コールあり。

森:
『ミュージックステーション』に出たい。

吉井:
歌番組に出たい。

江嶋:
いろいろな歌謡祭にも出たいね。

森:
オリコン1位。

来栖:
なりたいね。

江嶋:
2021年は、そこも目指したい。

森:
2020年はスタッフさんが頑張ってくれた部分も大きくて。“ドラマやりましょう”とか、決めてきてくれたので、2021年は私たちの力で結果を残したい。

江嶋:
ライブもリリイベもなかなかできないので……できたとしても囲われちゃっているので。せっかくショッピングモールでやらせてもらっているのに……。

吉井:
初めましての人が入りづらいんですよね。

江嶋:
囲われたスペースに、お客さんを何人かずつ入れてやる形になるんで、そうするとニジマスを観に行こうと思ってきてくれる人じゃないと、入りづらいんですよね。たまたま通った人も、何かやってるなとは思うでしょうけど、なかなか入ってみようとはならないと思うんです。今までだと、リリイベの時にライブをやって、それをたまたま観た人が、新しくファンになってくれたらいいなって思ってやっていたんですけど。

――なるほど、ちょっともどかしいですね。

江嶋:
2021年にリリイベができるのであれば、ライブもやりたいですね。

――現状、リリイベは特典会をやっているような感じになっているんですか?

江嶋:
そうなんです。CDを買っていただくと特典でチェキが撮れる。本当はライブも観てもらいたいんですよね。

吉井:
それでも、ここのところは初めましての人も増えていて、『ニチョマス』(『26時“ちょい前”のマスカレイド』)を観てきましたとか、SNSで知りましたという人が、ライブにはまだ足を運びづらいけど、特典会ならって、軽い気持ちで来てくれてハマってくれて、ライブに来てくれるようになったという人も多くて。だから、2020年はいい機会になったのかなとも思います。

来栖:
リリイベきっかけで来てくるようになった人って、めちゃめちゃ多いんですよ。

江嶋:
それまで、会えるイベントがあまりできなかったので、ずっとYouTubeとかで観ていて、“あ、会えるんだ”って来てくれて。これまでだったら、対バンのライブで観て、ファンになったというパターンが多かったんですけど。テレビの人に会えるんだみたいな感じ(笑)。それはそれですごく嬉しいなと思います。

吉井美優(26時のマスカレイド)

26時のマスカレイド

26時のマスカレイド[新春インタビュー前編]変化と躍進を遂げた2020年をぶっちゃけプレイバック!「昨年のキュンは『キミスキ』」

26時のマスカレイド サイン入り絵馬&サイン入りチェキプレゼント

<26時のマスカレイド スペシャルライブ ~ニジマスアドベンチャー~>

日程:2021年1月17日(日) 開場15:00/開演16:00
会場:大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール  

日程:2021年1月17日(日) 開場18:30/開演19:30
会場:大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール  

日程:2021年1月23日(土) 開場15:00/開演16:00
会場:愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール

日程:2021年1月23日(土) 開場18:30/開演19:30
会場:愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール

日程:2021年2月6日(土) 開場15:00/開演16:00
会場:東京・豊洲PIT

日程:2021年2月6日(土) 開場18:30/開演19:30
会場:東京・豊洲PIT

Aeri Ejima 10th Anniversary Book『memorial.』/江嶋綾恵梨(26時のマスカレイド)10thアニバーサリーブック

発売日:2021年1月9日(土)
¥2,200(税抜/送料込み)
判型:B5判
ページ数:48ページ

【コンテンツ】
・Special Photo(撮影スタジオでの撮り下ろし写真)
・Interview – Idol Life of Aeri Ejima -(江嶋綾恵梨がアイドル人生を振り返る35,000字に及ぶロングインタビュー)
・Aeri’s Photo Gallery(江嶋綾恵梨が撮影したフォトギャラリー。26 時のマスカレイドのメンバーも登場)
・Memorial Place in Tokyo(東京での想い出の地を巡る撮り下ろし写真)
・Memorial Place in Fukuoka(地元・福岡での想い出の地を巡る撮り下ろし写真)
・Favorite Items(江嶋綾恵梨のお気に入りアイテム集)
・Message to Aeri Ejima(関係者コメント集)

Aeri Ejima 10th Anniversary Book『memorial.』/江嶋綾恵梨(26時のマスカレイド)10thアニバーサリーブック
Pop’n’Roll ONLINE STORE

Aeri Ejima 10th Anniversary Book『memorial.』/江嶋綾恵梨(26時のマスカレイド)10thアニバーサリーブック
楽天ブックス

TOPICS

ジャンル