top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

神宿 一ノ瀬みか[インタビュー]麗しきハタチの肖像「自分が成長し続けるということがファンの方への敬意」

Pop'n'Roll

昨年4月12日に20歳の誕生日を迎えた神宿の一ノ瀬みか。今回、Pop’n’Roll編集部は、成人式の前撮りを行なっている一ノ瀬のもとを訪問。神宿では見せたことのない凜とした麗しさを見せた貴重な振袖姿を写真で収めるとともに、今回の衣装や20歳への想いなどを訊いた。

【画像はこちら】

撮影:中島たくみ
編集協力:村田誠二

一生に1度、大振袖を着ることがすごく素敵だなって思ったんです

──今回の振袖は、どのように選んだのですか?

一ノ瀬:
今回は『きものやまと』さんにご協力いただいて、直接やまとさんに足を運んで振袖を選ばせていただきました。私が到着したら、すでに“一ノ瀬さんのためにたくさん選んでおきました”ってご準備していただいていて、すごく嬉しかったです。ベースの色を見ていただくとわかるんですけど、生地自体に模様があしらわれているのがすごく素敵で、それが選んだポイントですね。

──着物は七五三以来だそうですね。

一ノ瀬:
そうなんですよ。(Pop’n’Roll女性編集部員に向かって)着物って普段着ますか? 

Pop’n’Roll編集部員:
着ないですね。前職で、お正月の仕事始めに着させられたのが最後です(笑)。そういうイベントごとがないと着ないですよね。

一ノ瀬:
着ないですよね? だから私も七五三さん以来なので、13年振りの着物です(笑)。

──(笑)。13年振りに着てみていかがですか?

一ノ瀬:
やっぱり背筋がシャキっとしますし、気持ちも変わります。日本の伝統文化でもありますから、そういう歴史の重みと美しさを身に染みて感じます。最初は振袖を着ること自体、迷ってたんですよ。“成人式に振袖を着てみるのはどうですか?”ってお話をいただいた時に、そもそも振袖の歴史も知らなかったので。でも、一生に1度のことだからちゃんと着なくてはいけないなと思ったので、歴史もちゃんと調べて決意したんです。

──歴史まで調べたのは、さすがですね。

一ノ瀬:
アイドルを始めて最初の頃は、着物じゃなくて袴(はかま)に坊主で成人式に出るのがずっと夢だったんです(笑)。

──え、坊主!?

一ノ瀬:
そう、“20歳になったら坊主にするから”ってマネージャーさんにもずっと言ってました(笑)。

──ホントに?

一ノ瀬:
ホントに。でも今回、お着物のお話をいただいて歴史を調べたら、振袖というのは日本の未婚女性のシンボル的な正装だってことがわかって、やっぱり女性として日本に生まれて、今は髪も長くしてるし、一生に1度、大振袖(振袖の中で袖がくるぶし辺りまでくる最も袖の長い着物)を着るってことがすごく素敵なことだなって思ったんです。

──今、振袖を身に纏って、そういう充実感の中にいるわけですね。

一ノ瀬:
そうですね。今、実際に着付けをしていただいてすごく勉強にもなりましたし。20歳を迎えてちゃんと大人になれてるのかなっていう部分もありましたが(笑)、着物を着てみて、そういう“不安”な部分から、“ちょっと頑張っていこう!”みたいなポジティブな気持ちにもなれました。

──一ノ瀬さんって、“20歳になったから変わろう”っていうタイプではないと思っていて、もともと向上心が強くて意識も高いから、20歳というのも通過点でしかないのかなと。

一ノ瀬:
いやいやいやいや。ただ、4月に20歳になる誕生日の前には、“20代でどんなことを達成したいか”っていう人生の目標をたくさん立てました──自分と向き合いながら、“本当はどういう人生を歩みたいのかな?”って考えて。人って生きている間にいろんなバイアスがかかってきちゃうけど、その中で本当に自分がなりたいものを探し出したいなと思っています。そういうことが考えられるようになったのは、20歳になったからかなと。

──今までがむしゃらにやってきた自分を、このタイミングでちょっと俯瞰するようになった?

一ノ瀬:
そうですね。歌もダンスも文章を書くことも歌を作ることも、目の前にやることがたくさんあるから、私はいろんなことをやらせていただけるし、逆にその分、どうしても目の前のことでいっぱいいっぱいになりがちで、もちろんどっちも人生なんですけど、やっぱり最終的に自分がどうなりたいのか?だと思うんです。大人になるとできることもだんだん限られてくるので。そういうことをいろいろ考えるようになりましたね。

神宿 一ノ瀬みか

広告の後にも続きます

神宿 一ノ瀬みか

女性らしい雰囲気も出せたらいいなと思ってチャレンジした

──いろんな選択肢の中でも、今は『関ジャム』(『関ジャム 完全燃SHOW』2020年11月1日放送回にて)で“プロが選んだ令和のアイドル界スゴいボーカリスト10人”に選ばれたり、特に“歌”に対するモチベーションが高かったりしますか?

一ノ瀬:
歌は、生まれた時から本当に大好きで、うちの家族もみんな音楽が大好きなので、そもそもモチベーションはあるんですけど、今回『関ジャム』で取り上げていただいたのはまったく予想外で、急にお声をいただいてびっくりしましたし、とても嬉しかったです。

──だって、小さい頃からブランコ乗りながらレッチリ(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)歌ってたんですもんね(笑)。

一ノ瀬:
ハハハ! そんな時代もございましたね(笑)。

──(笑)。ちなみにレッチリってどの時代が1番好きですか?

一ノ瀬:
「SNOW (HEY OH)」が好きなんです。シブめですね。

──『ステイディアム・アーケイディアム』(2006年)あたりですね。

一ノ瀬:
そうですね。ジョン(フルシアンテ)が1番奮ってた時代が好きですね。

──つい先日、ハリー・スタイルズのカバー動画(「Watermelon Sugar」)をYouTubeにアップしましたね。Pop’n’RollとRecTVとのコラボ企画<プレイリストチャレンジ>で、最優秀プレイリストに同曲が入っていて、当時“この曲をカバーすることに対する背中を押された”と言ってました。

神宿 一ノ瀬みか、「機能をしっかり使ってくれて、愛情を感じました」<RecTV 一ノ瀬みかにカバーしてもらいたい洋楽プレイリストチャレンジ>グランプリ発表

一ノ瀬:
今回の「Watermelon Sugar」は、まさにRecTVさんとのコラボの話をいただいたのがきっかけで、やっと“チャレンジさせてもらおうかな”っていう気持ちになったんですよね。

──原曲はギターのカッティングがポイントだと思ったんですが、今回のトラックはアンビエント感のある仕上がりになっていますね。

一ノ瀬:
お気づきでしたか! さすが! そうなんですよ~。以前から一緒にやらせていただいているKITA.さん(神宿のユニット曲「Erasor」の作曲者)とともに作った作品なんですが、トラックがめちゃめちゃいいですよね。今回私がカバーさせていただくにあたっては、ハリー・スタイルズさんは男性ですから歌詞に対する目線もたぶん違うと思うんで、女性らしい雰囲気も出せたらいいなと思ってチャレンジしました。

──確かに雰囲気が漂っていますね。コーラスの入れ方も面白いですね。

一ノ瀬:
そうですね。世界観としては、ハリー・スタイルズさんの原曲は“80年代アメリカ”、“海”とかそういうイメージだと思うんですけど、私はどちらかと言うと、もう少し“ネイチャー寄り”で、自然を感じられるようなものにしたいなと思っていて、コーラスもそういう仕上がりになっていると思います。

──以前コーラスの入れ方に対して、一ノ瀬さんもアイディアを出すということを言っていましたが、今回も?

一ノ瀬:
今回のコーラスに関しては、“ここのコーラスは絶対入れたい”とか、自然と出たコーラスをそのまま録ってもらったりはしましたね。例えば、最後の“♪Watermelon Sugar high………Watermelon シュガ”ってカットアウトで終わるところは、原曲には入ってないんですけど、私がウィスパーで歌っていたら、“そのウィスパー、いいね”ってことで、本来はけっこう重ねる予定だったんですけど、ウィスパーをメインにしました。

──最近、歌の表現力にもどんどん磨きがかかってきましたよね。昔は“元気いっぱい!”みたいにアイドルっぽい歌い方がメインでしたけど、最新アルバム『THE LIFE OF IDOL』では“歌の引き出しが増えた”という印象を受けました。

一ノ瀬:
ファンの方も、私が聴いてる曲をSNSに載せると、それを踏まえて“こういう曲もオススメだよ”って言ってくださったりして、私、素直にけっこう聴くので、そういうご意見に影響されてるかもしれないですね。ついこの間はフガジを聴いて“めっちゃカッコいいじゃん!”と思ったり。最近、洋楽ポップス熱は高かったんですけど、ロック熱はちょっと低くて、久しぶりにフガジでロック聴いたらめちゃくちゃカッコよくて気に入っちゃってますね(笑)。

神宿 一ノ瀬みか

神宿 一ノ瀬みか

人間以外の生命たちをもっと大事にしていきたい

──では、今後のことも訊かせてください。まず今年はコロナ禍とはいえ、ツアーでかなりの数のライブに臨みました。

一ノ瀬:
そうですね。まずこんなコロナ禍中でもツアーやライブ、イベントをやらせていただけていることと、来てくださる、観てくださるお客さんがいることに、本当に感謝の年だったなと思います……実は今日はまだ12月初旬なので(笑)、2020年を振り返るには早いんですけど、本当にこの1年間、苦しいこともあったじゃないですか……私も20歳の生誕ライブができなかったり、ほかにもツアーで名古屋のライブができなかったり、そういうつらいこともすごくありましたけど、そんな中でも会いに来てくれるみんながいるっていうことを本当に忘れないように、ネガティブにならないようにしなきゃって思ってました。

──“ネガティブにならないように”という言葉が、まさに常にポジティブでいる一ノ瀬さんらしいですね。

一ノ瀬:
私はたくさんのことに気づく敏感なタイプなんですけど、それゆえにネガティブになってしまって自分を責めるのは違うと思うし……やっぱり自分が成長し続けるということがファンの方への敬意だと思っているから。それを忘れずに……って、今までもやってたんですけど、これまでの6年間はあまりに怒濤の日々だったので、目の前のことでいっぱいいっぱいだった部分もあって。でも、やっぱりファンのみんなに救われるんですよ。“ずっと応援してるよ”とか、そういう声が本当に活力になってるんだなってことを実感した1年でした。

──一ノ瀬さんにとってファンの方と会えない期間は、ある意味、いい時間になったということですね。では最後に、20歳を迎えて大人になった一ノ瀬さんの今後の目標を教えてください

一ノ瀬:
最後は、その質問ですよね(笑)。

──それは締めとして訊いておかないと(笑)。

一ノ瀬:
ですよね(笑)。たくさん考えたんですが、やっぱりこれからの長い人生、自然や緑や動物たちとか、この地球上に一緒に存在している人間以外の生命たちをもっと大事にしてきたいと思っていて、自然がないと私たちは生きていけないし、そういうものにも感謝できるようになりたいですね。

──今、そういうマインドになっているんですね。

一ノ瀬:
他人事じゃないなと思いますし、それができたら私自身ももっと成長できるなと思います。それに、他人に優しくすることや、もっとたくさんのものをみんなに与えることができるんじゃないかなと思ってます。

神宿 一ノ瀬みか

神宿 一ノ瀬みか サイン入りチェキプレゼント

衣装提供:きものやまと

関連リンク

きものやまと公式サイト

<KAMIYADO Zepp Tour 2020-2021 Bloom of Life>
1月8日(金) OPEN18:00/START19:00
Zepp Tokyo

1月28日(木) OPEN18:00/START19:00
KT Zepp Yokohama

2月11日(木祝) OPEN16:00/START17:00
Zepp Sapporo

2月17日(水) OPEN18:00/START19:00
Zepp Nagoya

※修了公演は割愛

■チケット代
SS席:¥20,000(記念品付き)SOLD OUT
S席:¥15,000(記念品付き)
一般:¥5,000
女性・高校生以下:¥3,500
ローソンチケットにてチケット一般発売開始

TOPICS

ジャンル