top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

石原さとみと向井理が夫婦役!のどかな町で暮らしていたが…『人生最高の贈りもの』

テレビドガッチ


石原さとみが主演を務める新春ドラマスペシャル『人生最高の贈りもの』(テレビ東京系)が、2021年1月4日(月)20時から放送される。

本作は、脚本・岡田惠和、演出・石橋冠で贈るヒューマンストーリー。余命わずかなことを隠して里帰りした娘・ゆり子(石原)と父・亮介(寺尾聰)との、温かくも切ない心の交流が描かれる。

<あらすじ>
東京・豊島区。鬼子母神堂の裏手に佇む小さな洋館に、元大学講師の翻訳家・笹井亮介(寺尾)は暮らしている。妻に先立たれ一人暮らしとなった今は、家事も料理も完璧にこなすが、仕事は自由奔放。〆切を守らない亮介に、担当編集者・野村(勝地涼)はいつも隣で頭を抱えていた。さらに近所に住む原口光代(キムラ緑子)は、亡き妻から「主人をよろしく」と頼まれたのを口実に、毎日勝手に家に上がり込んでいる。

一方、亮介の一人娘・ゆり子(石原)は、長野県安曇野ののどかな町で、亮介の元教え子で教師の夫・田渕繁行(向井理)と暮らしている。ところが翌日、ゆり子は長野ではなくなぜか東京の実家にいた。

突然の帰郷に驚く亮介は理由を尋ねるが、一切語ろうとしない。わかったのは家にいる期間を決めていないということだけ。これまで話をあまりしてこなかった父娘だったため、2人の間にはぎこちない雰囲気が漂う。

こうして突如始まった父と娘の2人暮らし。温かく穏やかに過ぎていくが……。実は娘の人生に残された時間はわずかだった。娘が胸に秘めていた決意とは?

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル