top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

ねぎで体がポカポカに♪ワーママにおすすめ冬レシピ6選

たべぷろ

ねぎは、古くから民間療法で風邪に効くとされてきました。辛み成分のアリシンは、血の巡りを良くして疲労回復や新陳代謝の活性化に威力を発揮します。寒い季節、お家に常備してたっぷりいただきましょう。

巻きがしっかりしているねぎを選ぼう

寒くなるとおいしさを増すねぎ。古くから薬用野菜として活用され、葉鞘部の白い部分にはビタミンCに加え香り成分の硫化アリル、緑の部分にはカロテン、カルシウム、ビタミンK、セレンが。不溶性食物繊維は白と緑の両方の部分に。

切ると出るぬめりが、甘みとやわらかさのもと。火を通すととろりとした食感に。白い部分が太く、巻きがしっかりしていて、押してみてかたいものが良品。輪が幾重にも重なっている証拠で、栄養価も上。また、緑との境目がはっきりしているものが新鮮。

便利なパックのきざみねぎは、九条ねぎ、白ねぎ、小ねぎなどさまざまな品種があるので、用途に合わせて使い分けて。使い切れない時は、冷凍しておくと薬味が欲しい時に便利です。

ねぎクイズ

<Q1>良質でおいしいねぎの見分け方は?
A:白い部分の巻きがやわらかいもの
B:表面のツヤがあり、みずみずしいもの
C:切り口がみずみずしいもの

広告の後にも続きます

<Q2>ねぎとたまねぎの雑種で薬味にも使われる、香りがマイルドなねぎの品種は?
A:わけぎ
B:小ねぎ(万能ねぎ)
C:あさつき

<Q3>ねぎの香り成分は?
A:カロテン
B:ナイアシン
C:アリシン

TOPICS

ジャンル