top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山田裕貴が男女の揺れる想いを絶妙に表現!「あの頃、君を追いかけた」(2018)

エンタメウィーク(映画)

山田裕貴が男女の揺れる想いを絶妙に表現!「あの頃、君を追いかけた」(2018)

解説

台湾の人気作家ギデンズ・コーが自伝的小説を自ら映画化し、台湾で大ヒットを記録した同名作品の舞台を日本に移し、「HiGH&LOW」シリーズの山田裕貴、「乃木坂46」の齋藤飛鳥主演により再映画化。地方都市の高校に通う水島浩介は、クラスの仲間たちとバカなことばかりしながら、お気楽な高校生活を楽しんでいた。ある日、浩介の度を越した悪ふざけによって授業が中断。激怒した教師が浩介のお目付け役として任命したのが優等生の早瀬真愛だった。クラス一の優等生で真面目で堅い真愛を疎ましく思う浩介だったが、彼と4人の仲間たちにとって中学時代からの憧れの存在だった真愛に浩介の胸はざわつきはじめていた。主人公・浩介役を山田、ヒロイン・真愛役を齋藤が演じるほか松本穂香、佐久本宝、國島直希、中田圭祐、遊佐亮介らが脇を固める。監督は、脚本家として「ホワイトアウト」「亡国のイージス」などに携わり、舞台の演出なども数多く手がける長谷川康夫。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

恋愛もの大好きOLさん ★★★★★

多くの作品に出演するマルチ俳優・山田裕貴。いろんな映画で見かけるけど、彼が主演の作品は観たことがないという方も少なくないのではないでしょうか。本作はもともと台湾初の同名小説が減作で、それを日本版にリメイクしたもの。地方の高校を舞台に、主人公のヒロインが程よい距離感で友情であり愛情でもある、もしかするとそれ以上の絆を育んでいくような物語。

こういう関係性って、結構あるあるです。仲のいい相手が異性であった場合、それは恋人になるべきか、別れることのない友達という選択をとるべきか。その判断ってすごく難しいですよね。その葛藤を本作の主人公は何度も揺れに揺れる。そういうのを山田裕貴くんは演じるのがうまい。

どこか不器用に相手のこと自分から離してしまうような男の子。そして、彼と付かず離れずな関係になるヒロインを演じる斎藤飛鳥の美しさが百点満点。勉強ができて大人びていて可愛いって完璧。彼女と主人公が一瞬いい感じになっているのに、すれ違いにすれ違いを重ねてしまう感じがとにかく切ない!何より、本作の一番の魅力は彼らの恋愛物語というより、彼らと周りの男女の仲間たちがみんなで大人になっていく物語であるところ。ゆったりとした、しかし上質な青春映画です。


「あの頃君を追いかけた」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル