top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

日本カルチャー、東京アンダーグラウンド–国際的な活躍の日本人トップダンサーと名優が織りなす熱情の渦!カナダ人監督の長編デビュー作『ドリームズ・オン・ファイア』!

cinefil

ダンス、ミュージック、シネマほか世界のトップアーティストたちが結集したアーバンダンスムー ビー『ドリームズ・オン・ファイア』が、2021 年 3 月 13 日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開することが決定いたしました。

ダンス辞めるくらいなら死んだ方がマシ――

世界の第一線で活躍するトップアーティストが集結
ダンス×ミュージック×シネマ!令和の才能が魅せるとめどない焦熱

世界の第一線で活躍するトップアーティストたちが熱情の渦を生むアーバンダンスムービー 『ドリームズ・オン・ファイア』。映画初主演の仲万美は、ダンサーだけでなく女優・モデルとしても活躍。加藤ミリヤやBoA、椎名林檎などのアーティストを始め、2015年にはマドンナのバックダンサーとしてワールドツアーに同行・活動を共にする。映画『チワワちゃん』 で俳優デビュー、舞台「ROCK OPERA『R&J』」でヒロインに抜擢されるなど注目を集める。全ての出演ダンサー達はそれぞれのフィールドでトップクラスに属し、世界中で活躍する。 脇を固める俳優陣は、舞踏家としても活躍する麿赤兒、映画『告白』ほか評価が高まる黒田育世(ダンスカンパニーBATIK主宰)、映画、テレビなど幅広く活躍する髙嶋政宏が出演する。

広告の後にも続きます

監督はカナダ出身のフィル・メッキー
短編映画「ブレイカー」が世界各国の映画祭で70以上の受賞を果たす。長編デビューとなる今作では、脚本・編集・アートディレクターも担当。ダイナミックなダンスシーンはもちろん、アンダーグラウンドを支えるゲストアーテ ィストや、エレクトロニック・ドラム&ベース・ウェーブなど才能あふれるアーティストを起用した音楽にも注目が集まる。

日本カルチャー、東京アンダーグラウンド、多種多様なダンスと楽曲
歩き続ければ少しの光でも大きな喜びに変わる――
未だ見ぬ表現の扉を開く”アーバンダンスムービー”

【出演】世界で活躍する日本人トップダンサーたち

WOD2019世界大会第3位のYumer1
きゃりーぱみゅぱみゅやちゃんみなのバックダンサーを務めるGENTA
きゃりーぱみ ゅぱみゅのほぼ全ての振り付けを担当するMAIKO
国内外のバトルで優勝し長年TRFのダンサーを務めるPInO
DANCE ALIVE2019年HOUSEチャンピオンのKAZANE
国内のバトルでは優勝記録保持者のタップダンサーSHUN
ほか出演

仲万美、髙嶋政宏、麿赤兒ほかキャスト&監督コメント到着!

〈CAST COMMENT 〉

沢山寄り道して、沢山傷付いて、沢山挫折して、でもそれでも立ち上がって。こんな時もあったなとか、まだまだこれからだなとか、他人事のようで自分にもあるようなそんな気持ちになる映画です。 夢は必ずしも叶うわけではありません。そして諦めるのも簡単です。でもユメのように諦めない姿は、きっと胸を熱くさせてくれると思います。歩き続ければ少しの光でも大きな喜びに変わる。私もユメから教わりました!そんな切磋琢磨するユメの姿を劇場で是非ご覧ください。
――仲 万美

【仲 万美 Naka Banbi(ユメ役)】
5 歳からダンスをはじめ、20 年以上のキャリアを誇る。これまで加藤ミリヤ・BoA などのバックダンサーを務め、2015 年にはマドンナのバックダンサーとしてワールドツアーを約 1 年半同行。2014 年・2015 年・2016 年には、NHK「紅白歌合戦」において椎名林檎アーティストダンサーを務めた他、2016 年リオデジャネイロオリンピックの閉会式における、日本のプレゼンテーション「SEE YOU IN TOKYO」にも参加するなど、世界的にも活躍。2019 年に映画『チワワ ちゃん』で女優デビューを果たし、舞台「ROCK OPERA『R&J』」ではヒロイン・ジュリエット役に抜擢。その他、雑誌・広告・CM・MV・イベントなどに数 多く起用されるなど、今後の活躍も期待される。

なんと言っても撮影のスピード感が最高だった。 僕はたった1日のロケでしたが監督のフィルの頭の中で、撮る前から全てが出来上がってるので、その芝居のどこが良くて、どこが余計なのかの指示が的確。俳優陣の感情が整ってなければ、即座に止める。和やかに撮影を進める世界各国のスタッフもプロフェッショナル。 少数精鋭とはこのことだ。誰も現場で声を荒げる者はいない。自然にリハーサルが始まり、構えることなく本番へと誘(いざな)われる演出に、いつまでも撮影をしていたかったです。 この映画に関われたこと、心の底から良かったと叫びたい!
――髙嶋政宏

【髙嶋政宏 Takashima Masahiro(オーナー役)】
東京都出身。映画『トットチャンネル』(87)で俳優デビュー。同作及び映画『BU・SU』で第 11 回日本アカデミー賞新人俳優賞ほか多数受賞。以降、映画・テレ ビ・舞台と幅広く活躍する。主な近作は『AI 崩壊』(20)、『ぐらんぶる』(20)、『映像研には手を出すな!』(20)、『燃えよ剣』(21)など。

私の役はユメの祖父だが、祖父としての心情はわかりつつも、私自身がダンサーであるが故にユメに共感するところもあり、少々複雑な心持ちでの撮影は楽しい時間であった。 確かにダンサーになるのはそうそう甘いものではないから、たっぷりと怖がらせてやろうと、金粉を纏った大駱駝艦の舞姫・藤本梓、梁鐘譽とともに大いに張り切った。フィル監督の日本人観がどのような映画になったのかも興味深く、楽しみなところだ。
――麿 赤兒

【麿 赤兒 Maro Akaji(ユメの祖父役)】
奈良県出身。舞踏カンパニー「大駱駝艦」主宰。舞踏家として国内外で精力的に振付・演出・上演するとともに、俳優としても活動。主な近作は『凪待ち』(19)、 『翔んで埼玉』(19)、『地獄少女』(19)、『ターコイズの空の下』(21)など。

私共カンパニーBATIK の代表作『SHOKU』のオープニングを、そのまま今回の映画のオープニングシーンにと伺って、とても驚きました。15年前に『SHOKU』をモントリオールで上演した際に監督がご覧下さって(当時まだ学生だったそう!!)、こういった形で起用頂くことになりました。 あの時客席にいらした若き芸術家と、今こうしてご一緒していること、映画や踊りや劇場や運命の悪戯の花束です。私事で誠に恐縮ですが、15年前一緒にモントリオールで『SHOKU』を踊り、奇しくもこの撮影をもって引退した矢嶋久美子に、この花束を。
——黒田育世

【黒田育世 Kuroda Ikuyo(ユメの母親役)】
ダンサー、コレオグラファー。6 歳よりクラシックバレエを始め、97 年渡英、コンテンポラリーダンスを学ぶ。02 年 BATIK を設立。朝日舞台芸術賞ほか多数受賞。主な出演作は『告白』(10)、『台風一家』(14)、『あなたはわたしじゃない』(18)。

〈DIRECTOR COMMENT〉

Dreams on Fire――心の中で炎のように燃える情熱、そして燃えているように感じることで生じる痛み。夢を持ったり、アーティストとして生きていくことは、こういった気持ちを感じることが多いのではと思います。 日本には深く情熱的なダンスコミュニティがあり、世界中を旅し、国際的に活躍しているトップダンサー、アーティストが沢山います。この映画を通して、国内外の人たちにその力を魅せたいです。才能ある彼らを誇りに思います。この映画が、新しいパフォーマー・音楽・アーティストを発見するキッカケとなり、夢を追う人の刺激となれば嬉しいです。
———フィル・メッキー(監督)

【フィル・メッキー (監督・脚本・編集)】
カナダ・モントリオール出身。2010年の末に東京に渡る。2018年に撮影した短編映画「BREAKER」と「Be my first」は世界中の100を超える映画祭で上映され70以上の賞を受賞した。また、日本では世界中の映画製作会社の仲介人として、キャスティング、機材のレンタル、ロケーション・ハンティング、役者の日程調整等様々な業務を行った経験もある。仲介相手として、Apple, CNN, BBC, WWE, Channel-4等の有名企業が含まれる。他にもDJやイベントオーガナイザーとして、WOMBやAgeha等、東京の有名なナイトクラブへの出演経験あり。 今作「ドリームズ・オン・ファイア」は長編映画監督としてのデビュー作であり、10年近くの現場での経験と研究を元に製作した。尚、この作品では脚本家、 編集者、アートディレクターも担当している。

[STORY]
ダンサーになる夢を実現するため、家族の反対を押し切り上京したユメ。個性溢れるダンサーたちとのレベルの差に衝撃を受けるも、 目標を達成させるために努力は惜しまない。無一文だった彼女は東京の歓楽街で働くことを決意。先の見えない夢と現実の狭間でもがきながら、たくさんの人たちと出会い、ユメはダンスを続けていくのだが……。

出演:仲万美 髙嶋政宏 麿赤兒 黒田育世 奥田咲 紅林大空 メデューサ・リー 山下雫
福山梨乃(アキシブproject)/Yumer1/GENTAYAMAGUCHI/Yusura/CYBERJAPAN/池田ひらり/BATIK/MAIKOMASAI/PInO/UMA/KAZANE/SHUN(TAP)/DJAKI
ゲストアーティスト:ロープアート・Hajime Kinoko/衣装協力・KURAGE

監督・脚本・編集:フィル・メッキー
プロデューサー:フィル・メッキー ミシェル・ルブラン
撮影監督:ジェームス・ラティマー
助監督・制作:海野ちづる
音楽:レミー・シーリー
配給・宣伝:DOF
劇場営業:川村静哉/宣伝協力:大久保渉
2021年/日本・カナダ/124分/カラー

公式Twitter・Instagram:@DreamsOnFire_movie

2021 年 3 月 13 日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル