top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

冷凍餃子や餃子の皮をフル活用!夜ごはん作りが楽しくなるアイデア【たべぷろワーママ応援レシピ2020冬賞エントリーメニューを作ってみた】

たべぷろ

働くママのおうちごはん作りをラクにするレシピの頂点、「たべぷろワーママ応援レシピ2020冬賞」の読者投票が12月23日まで行われています。今回はエントリーレシピのうち「冷凍惣菜餃子を使った炒飯」と「餃子の皮を使ったラザニア」をたべぷろのワーママ編集部員が実際に作ってみました。冷凍餃子や餃子の皮など、いつでも手に入る身近な材料を時短調理に活用した今回のレシピ。アイデア次第で料理はこんなにカンタンで楽しくなるんだ!と驚かされました。

味付けの失敗なし!10分でチャーハンが作れる

具材を切って、炒めて、味付け…と、意外に工程数の多いチャーハン。このレシピなら、冷凍餃子を具材がわりに使うことで、工程数を大幅に短縮。たった10分でパラパラチャーハンができちゃいます!

冷凍餃子に味がついているので、味付けの失敗がないのもポイントですよ!

レンジで解凍した冷凍餃子をフライパンで崩しながら炒め、溶き卵とごはんを合せればあっという間に完成!

いつもは、まな板と包丁を取り出すところからはじめていたチャーハン作りですが、調理道具は卵を溶くボウルだけ。まな板も包丁も使わずにフライパン工程に進めるのが、一番の驚きでした。

広告の後にも続きます

冷凍餃子は、野菜たっぷりタイプのものやチーズ入りなどさまざまなバリエーションがあるため、気分に合わせてチョイスすれば、味付けの幅も広がりそうです。

冷凍餃子の味がしっかりご飯に

調理時間は、後片付けも含めておよそ10分で完了!

TOPICS

ジャンル