top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

Hey! Say! JUMPの伊野尾慧が映画初主演!「ピーチガール」(2017)

エンタメウィーク(映画)

Hey! Say! JUMPの伊野尾慧が映画初主演!「ピーチガール」(2017)

解説

台湾でドラマ化され、日本でもテレビアニメ化された上田美和の人気コミックを、山本美月と「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧の主演により映画化。伊野尾にとっては映画初出演作で初主演となる。女子高生・安達ももは、純粋でマジメな性格にもかかわらず、ギャル風な外見のせいで、周囲から誤解されて悩んでいた。ももの欲しがるものを手に入れるためには手段を選ばない友達の柏木沙絵は、ももが一途に思いを寄せる硬派でシャイなとーじを横取りすべく、ももにさまざまな罠をかけていく。そんなもものピンチを救った学校一のモテ男・カイリは、ももの一番の理解者として、次第にももに好意を寄せはじめる。とーじとカイリ、まったくタイプの異なる2人の間で、ももの気持ちが揺れていく。もも役を山本、カイリ役を伊野尾がそれぞれ演じる。監督は「モテキ」「バクマン。」など大根仁作品でチーフ助監督を務め、本作が劇場用映画初監督作となる神徳幸治。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

アオハル進行形さん ★★★★☆

山本美月がひたすら可愛い映画! 水泳のせいで肌が焼けているのに、チャラチャラしているとかビッチとか酷い言われようの主人公・もも。そんな彼女をいつも守ってくうれる騎士的な存在のとーじにピュア恋をするももですが、そんな彼女にモテ男の岡安が近づきます。

典型的な三角関係モノかと思いきや、実は一味違うのが本作のミソ。ももはずっと好きだったとーじと付き合う事になるのですが、その恋が一度終わり、その後自分にずっとアタックしてきてくれていた岡安と向き合って付き合うことにするんです。「自分が好きな人」と「自分を好きな人」のどちらと付き合えば、女性は幸せになれるのか。そんな恋愛における永遠の命題が本作には隠されているんですよね。

大概の少女漫画原作ものって、心許しているポジより、憧れの相手ポジに結局なびいて終わってしまう傾向があるかなと思うのですが、本作はしっかりそこで悩むのが良かったですね。それに、こういう話に欠かせない虚言で主人公の周りをかき乱す性悪女が本作でもやはり登場するのですが、大概そういう子って一度ぶつかったら仲直りしたりするじゃないですか。それなのに本作ではそんなにすぐ人格が変わる事なく、結構とことん性悪付き通している感じもリアルで良かったですね。


「ピーチガール」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル