top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で名曲の誕生秘話を描く「キセキ -あの日のソビト-」(2017)

エンタメウィーク(映画)

松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で名曲の誕生秘話を描く「キセキ -あの日のソビト-」(2017)

解説

メンバーが歯科医師で顔出しを一切しないという異色のボーカルグループ「GReeeeN」の代表曲「キセキ」の誕生秘話を、松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で描く青春ドラマ。厳格な医者の父親の下を飛び出したミュージシャンのジンは、父の思いを受けて歯科医師を目指していた弟ヒデの音楽の才能を知り、ヒデとヒデの音楽仲間たちに自分の夢を託すことを決める。歯科医師を目指しながら音楽もやりたいが、そのことを恐ろしい父親に言い出せないジンとヒデは、顔出しなしのCDデビューという作戦をとるが……。「GReeeeN」の楽曲をプロデュースするJIN(ジン)を松坂、弟でグループのリーダーを務めるHIDE(ヒデ)を菅田が演じる。「そして父になる」「海街diary」など是枝裕和監督作で助監督を務める兼重淳がメガホンをとった。タイトルにある「ソビト」は「GReeeeN」による造語で、「素人」または「空人」と記し、「自由に新しいことに挑戦していく人」を意味する。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画さん ★★★★☆

イケメン祭り! だけど映画は結構硬派な作りで、めちゃくちゃ好印象でした。

もともと、本作のモデルになっているGreeeenについてファンであったり深い想い入れがなくても見やすいのがいい。それでも、やはりGreeeenの曲、特に本作は大ヒット曲の「キセキ」誕生秘話をバンド結成前から描いたものですが、彼らの曲って特別ファンじゃなくても知っていたり、歌えていたりする。つまり、一つの社会現象的なものだったと思うんですよね。その背景にあった、メンバーたち(特にメインボーカルのHIDEと彼の兄JIN)の物語に焦点を当てつつ、どのような過程でそんな現象が起きたかを描いていて、面白かった。

菅田将暉も今では立派に一ミュージシャンとして活躍していますが、本作で歌って、グリーンボーイズを結成したことが彼の歌手キャリアのはじまりでもあったので、そう考えると感慨深いです。今では売れっ子の横浜流星も本作では脇でありながらも良い存在感を放っていました。ただ、本作で異彩を放っていたのは松田桃李。映画の冒頭シーンから、その顔がはっきり映るまで、松坂桃李に見えない、全くの別人なんですよ。これが役者の力量だなあ、なんて思いました。


「キセキ -あの日のソビト-」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル