top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

米倉涼子「映画は我々の希望」と来年への布石を誓う!ハイブリットな映画祭運営のもと累計約 4,000 人の来場&視聴-フランス映画祭2020閉幕!

cinefil

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、通常の 6 月開催を延期し、 一時開催が危ぶまれていたフランス映画祭。日仏連携の上、様々な困難を乗り越えて、12月 10日(木)に 28 回目の開幕を迎えることができました。4 日間の会期を終え、昨日 12月 13日(日)に大盛況の内に閉幕いたしました。

©unifrance films

本年は新型コロナウイルス感染予防対策をとっての開催となりました。 初日の日産グローバル本社ギャラリーにて行われたオープニングセレモニーは無観客にて実施。フェスティバル・ ミューズの米倉涼子さんが水色の着物で華やかに登壇。横浜でフランス映画祭が開催される喜びを語り、開幕宣言を行いました。
また、来日が叶わなかった本年度フランス代表のイザベル・ユペールや上映作品のアーティスト達からのメッセージ動画を紹介しました。

©unifrance films

同日夜にはユペール主演『ゴッドマザー』を2会場に分けてオープニング上映。イオンシネマみなとみらいでは座席を制限して上映。並行してワールドポーターズ特設会場では日産自動車の協力の下、電気自動車(EV車)限定の ドライブ・イン・シアターを開催。映画祭において、日本初の試みとなりました。

広告の後にも続きます

©unifrance films

2 日目にはショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)とコラボレーションし、特別マスタークラスを初のオンラインで実施。短編映画『真西へ』のアリス・ドゥアール監督、『アデュー』のマティルド・ プロフィ監督がフランスから参加し、日本の学生たちの質問に真摯に答えました。 通常上映は今年もイオンシネマみなとみらいで実施。座席数を制限して、10 本の新作フランス映画を上映。本編上映後には、上映作品のアーティストたちによる Q&A の特別映像を上映し、遠くフランスより日本の観客の皆様へ熱い想いを届けました。
今年はフランス映画祭のYoutubeチャンネルを開設。最初にフランス大使館で行った記者会見の様子や、米倉涼子さんからの開催のメッセージなど、色々な事情で今年はフランス映画祭にご参加いただけない方々にもお楽しみいただける形となりました。

©unifrance films

本年のフランス映画祭には、ご来場とご視聴を含めて累計約 4,000 人のお客様にご参加いただきました。 この度フェスティバル・ミューズの米倉涼子さん、林文子横浜市長をはじめ、映画祭期間中に皆様より頂いた メッセージを集めたスペシャル動画を完成いたしました。

フランス映画祭スペシャル動画

フランス映画祭 2020 横浜
■期間:2020 年 12 月 10 日(木)~12 月 13 日(日) 全 4 日間
■会場:みなとみらい 21 地区、イオンシネマみなとみらい ほか

■プログラム
1 フランス映画最新作の上映(長編 10 作品)
2 関連事業(サイドイベント)の実施:オープニングセレモニー、マスタークラスなど
■満席となった作品:オープニング上映『ゴッドマザー』
■総来場者数&視聴者数: 約 4000 人
■Youtube公式チャンネル:youtube.com/c/フランス映画祭2020横浜
■運営&宣伝:フリーストーンプロダクションズ

フランス映画祭2020

フランス映画祭は終了しましたが、年明け1月15日からはオンライン映画祭第11回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル(MyFFF)で国内未公開の最新のフランス映画をお楽しみいただけます。国内では長編12作品、短編17作品が配信予定。短編は無料配信となります。
ラインアップの発表は2021年1月5日(予定)。

MyFrenchFilmFestival 第11回 Edition

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル