top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

カンヌ、ヴェネチア、ベルリン世界三大映画祭で受賞した韓国の鬼才キム・ギドク監督、コロナの合併症によって死す!59歳。

cinefil

ラトビアに訪れていたキム・ギドク監督が、新型コロナウイルス感染症による合併症で死去したと、海外メディアで報じられている。59歳。

キム・ギドク監督は1996年に「鰐 ワニ」で映画監督デビュー。『サマリア』(04)で第54回ベルリン国際映画祭の銀熊賞、『うつせみ』(04)では、第61回ヴェネチア国際映画祭の特別監督賞を受賞。一時映画界から離れたが、その後、隠遁生活を送る自分を撮ったセルフ・ドキュメンタリー「アリラン」(2011)で、カンヌ国際映画祭「ある視点部門」で最優秀作品賞を受賞し、世界三大映画祭全てで受賞。翌2012年には『嘆きのピエタ』が第69回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した。
近年は、過去の出演予定だった女優などから暴力などで訴えられ、敗訴したり、MeTooの運動が韓国でも高まる中、過去の出演女優などから、セクシャルハラスメントなどで訴えられるなど、多くのスキャンダルなどでも世間を騒がしていた。

今、世界でも隆盛を誇る韓国の映画界において、鬼才として異端な立場で活動していたものの、2000年代初頭から世界の三大映画祭の全てでの受賞などの類い希な活躍は、その後の韓国の映画界や、世界の映画界へ与えた影響は計り知れない。

R.I.P

キム・ギドク監督作品予告

『うつせみ』(2004年)

広告の後にも続きます

『ブレス』(2007年)予告

『アリラン ARIRANG』ドキュメンタリー (2011年)予告編

『嘆きのピエタ』(2012年)予告

『メビウス』(2013年)予告

『殺されたミンジュ』(2014年)予告編

『STOP』予告編

「The NET 網に囚われた男」(2016年)予告編

藤井美菜×チャン・グンソク×オダギリジョーが出演
『人間の時間』(2018年)予告

キム・ギドク監督インタビュー

2017年「シネフィル」が『STOP』公開時にインタビューした動画

Kim Ki-Duk Dies Of Covid-19 At 59: South Korean Director Won Prizes At Venice, Cannes, Berlin

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル