top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?

アサ芸プラス

 バス旅史上最悪のマドンナはマルシアだと思われていたが、太川陽介にとってはどうやら違うようだ。

 11月28日に配信された「テレ東ほぼほぼ無観客フェス『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 ファンの集い~太川&蛭子&マドンナ生出演!今だからいろいろ聞いちゃおう会~』」に、太川陽介と蛭子能収、加藤紀子が出演。ファンからの質問に答えた。その中で「バス旅で一番ヤバいマドンナは誰か?」という質問が飛び出した。

「ファンの多くが第19弾のマドンナであるマルシアだと思ったはずです。マルシアは道中でわがまま放題を繰り返し、“クズ言動”でおなじみの蛭子が『太川さん、(マルシアを)なんとかしてよ』と泣きつくほど。バスがないので歩くと言われると、即座に『イヤ』と拒否する場面もありました。そんなことを言ったマドンナは後にも先にもいません。そのため歴代マドンナの中で最低と言われています」(テレビ誌ライター)

 太川は質問に対して「言えませんよ」と回答を拒否。結局、最後まで名前を明かすことはなかった。だが、ヤバいマドンナの名前を「ほにゃららほにゃらら」と擬音で回答し、笑いを取っている。

「太川の性格から考えて、まったくの嘘ではなく本当に名前を言ったと思います。擬音の長さはかなりあり、7文字か8文字の名前だと感じました。となると4文字のマルシアは当てはまりません。また、レギュラー最終回のマドンナで、評判がいまひとつだった新田恵利も違うはず。3文字のちはるも除外していいのではないでしょうか。」(前出・テレビ誌ライター)

広告の後にも続きます

 7文字、もしくは8文字の名前のマドンナは多く、絞り込むのは難しい。太川もそれをわかっていて擬音とはいえ名前を明かしたのだろう。

「それでもやはりマルシアではないのかという声は根強いんです。どう考えても太川の『ほにゃららほにゃらら』に『マルシア』は当てはまりません。ですが、マルシアの本名は『大鶴一枝マルシア』。『かずえマルシア 』ならぴったり。太川とマルシアは歌番組などで共演していてそれなりに仲もいい。本名を知っていても不思議はありません」(前出・テレビ誌ライター)

 太川が最もヤバいマドンナとして挙げたのはマルシア。その可能性は高いと見てもよさそう!?

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル