top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

伊ブランド「ボッテガマルティネーゼ」黄金色の新宿御苑でランウェイ&マルシェ

TOKYO HEADLINE

 南イタリアのアパレルブランド「BOTTEGA MARTINESE(ボッテガマルティネーゼ)」の日本初上陸を記念して30日、ファッションイベント「Under The Tree by Famiglia Martinese(アンダー ザ トゥリー バイ ファミリア マルティネーゼ)」が新宿御苑プラタナス並木にて行われた。  老舗工房オリジナルブランド「BOTTEGA MARTINESE」は、1974年に南イタリアのマルティナフランカで仕立て屋としてスタート。こだわりの生地選びや丁寧な裁縫技術で、クチュールブランドのジャケットやコートを手がけた名門の工房から生まれ、厳選した高級生地と南イタリアらしい鮮やかな色彩、質の高いテーラーメイドの型紙から作られる洗練された立体的フォルムが特長だ。ブランドのアイコンとなるアウターウェアは、独自のクラシックスタイルを追求し、ヨーロッパでは多くのセレブに愛されているという。

 当日はプラタナス並木の中で1日限りのマルシェをオープン。「Slow(ゆったりした)」「Cozy(居心地の良い)」「Quality(上質な)」をコンセプトに、何らかの理由で破棄されてしまう花きや食材、それらを使った軽食などそれぞれにストーリー性のあるアイテムが並んだ。昨今のファッション界の潮流でもあるSDGsやエシカルの流れを汲んだセレクトは、同ブランドの「普遍的価値のあるファッション」という理念にも一致する。

 フレンチスタイルの花屋「セラヴィ」(平塚市)は、規格外で廃棄されてしまうロスフラワーをツリーやアレンジメント、ミニブーケに仕立てた。「食育ネット」(千葉市)では、「農家さん応援プリン」で新型コロナの影響で客足の落ち込んだ観光農園の果物廃棄ゼロを目指す。食品ロス削減プロジェクト「フリフル」(熊本市)には、全国から新鮮な果物や野菜、花きが集まった。都留市で森林環境の保全や街づくりを行う「いきる塾」と陶芸家の丸島壮太郎さんは、炭釜で焼成した作品「炭裏(たんか)陶器」を展示。

「鷹ノ羽森田園」(所沢市)は、所茶和(ところちゃわ)シリーズの丸ごと茶葉を使った「抹茶」と残った茶葉が堆肥として土にかえる「焙じ茶」。せとだレモン大使の「レモンザムライ」と焼き鳥屋「トリトコ」(所沢市)は、焼き鳥のガラで作った「瀬戸田レモン鶏ガラスープ」と丸ごとすり下ろした瀬戸田レモンペーストの「ホットレモネード」を提供した。  さらに紅葉が美しいプラタナス並木と弦楽四重奏の生演奏を背景に、A/Wコレクションのランウェイを披露。同ブランドを運営するユーロファッション・ジャパンの釜石剛代表は「ブランドの根底にあるストーリーやイタリアの職人たちの思いを大切に、大量生産ではなく一つひとつ丁寧な物づくりが特長。世界を牽引するイタリアアパレルの魅力がギュッと詰まっている。自分が気にいった服を長く大切に着て、居心地の良い人と居心地の良い空間にいることで、生活のクオリティも上がるのではないか」、ジョルジョ・スタラーチェ駐日イタリア大使は「イタリアファッションは他の追随を許さない唯一無二のもの。前衛的なデザインで職人技が光るイタリアファッションの魅力を、コロナ禍においても変わらず評価してくださる日本の消費者は非常に励みになる」とアピールした。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル