top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「全国チェーン展開したい」関ジャニ∞の“おすし”がネットで話題沸騰

テレビドガッチ


関ジャニ∞(横山裕・村上信五・丸山隆平・安田章大・大倉忠義)の冠番組『関ジャニ∞クロニクルF』(フジテレビ系、毎週月曜23:00~)が11月30日に放送。メンバー間で発動中の「知っておいてほしいおすし用語辞典」がインターネット上で話題になった。

関ジャニ∞が持つ“遊び心”を前面に押し出し、その人間的な魅力を伝えていくバラエティ番組。秘密基地をコンセプトとしたスタジオに設置されたタブレットに表示される“フォルダ(F)”の中からメンバー自身が好きなテーマを選び、トークやゲームを展開するほか、ドキュメント要素の強い長期ロケにも体当たりで挑戦する。

今回は、メンバーが「ナレーション」に挑戦。動画に合わせて『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)風に原稿を読むことになった。まずは横山が挑戦するが、真剣に取り組んだ結果、「めっちゃ丁寧」「置きにいってるよな」とメンバーから指摘され、横山自身も「面白みが一つもない」とバラエティ番組としては失敗だったと反省。続く村上は、朝ドラをイメージしたと言い、関西弁に言い換え感情移入し、オリジナリティを出したナレーションを行った。だが、その後、超一流ナレーターの服部潤からナレーションのコツを教わり、ドキュメンタリーは感情が入ってはいけないと学ぶ。

そんな服部のVTRの中で、「おすし」用語が登場したことから、スタジオでは正しい「おすし」の使い方がレクチャーされることに。基本ずし、誘いずし、すし放題、ダメずし(単品ずし)、ダメずし(むやみずし)が紹介された。村上は、「別の番組でゲストが『~ですし』って言ったときニヤッとするのやめてもらえます?」と、言い出しっぺの丸山にツッコむと、安田も「俺も丸のこと見ちゃうんですよ」と嘆く。すると丸山は、自身も朝の番組で不自由していると言い、以前、共演した藤原丈一郎(なにわ男子)の名を上げ「アイツすしぐせが悪い!」と指摘。「今回この番組に呼んでいただいたのはありがたいと思っていますし、頑張っていきたいと思ってますし、最後までうまいこと言えたらいいと思ってますし……」と、藤原が「おすし」を連発したエピソードを明かした。そして丸山は、この「おすし」用語を「全国展開したい。チェーン展開したい」と意気込むのだった。

ネット上では、「すしグセ↑トレンド入りしてる~」「おすし用語めっちゃツボなんだけど」「『すし放題』で噴き出した」「おすし講座めっちゃためになる!」「このおすし活用について真剣に話し合うバラエティ番組なんなん?www」「くだらなさすぎてめっちゃおもろい」「おすしのチェーン展開ww」といった反響が相次いだ。

次回は12月7日に放送される。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル