top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

里見浩太朗演じる“出島先生”の死直前のアドリブシーンに視聴者感動「ものすごく泣けた」『共演NG』第5話

テレビドガッチ


中井貴一と鈴木京香が出演する連続ドラマ『共演NG』(テレビ東京系、毎週月曜22:00~)の第5話が、11月30日に放送。インターネット上では、里見浩太朗の鬼気迫る演技に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は「もしも弱小テレビ局の社運をかけた大型連続ドラマで25年前に破局した“共演NG”の大物俳優が共演することになったら」をテーマに、25年間共演NGだった元恋人同士の大物俳優がなぜか共演してしまうことによって起こる騒動を描いたラブコメディ。企画・原作を秋元康、脚本・監督を大根仁が務める。

大園瞳(鈴木)の元カレで共演NGの間宮礼司(青木崇高)がドラマ『殺したいほど愛してる』にキャスティングされた。本職が医師にも関わらず、彼が登場したことでネット上で大きな話題に。間宮の台詞や出演シーンが増加していく中、遠山英二(中井)は苛立ちを隠せないでいた。相変わらず英二をけん制する間宮は、瞳を強引に飲みに誘った。瞳はまんざらでもない様子で、彼に指定されたバーに向かう。

一方、ショーランナーの市原龍(斎藤工)の策略により、急遽台本が変更。間宮が英二を殴るシーンが追加されたのだ。もちろん本当に殴りはしない。リハーサルもしっかり行った上で本番へ。しかし間宮は本当に英二の顔に拳を当ててしまう。スタッフが大慌てする中、瞳は間宮に「わざとじゃないよね?」と質問。間宮は「そんなわけないだろ?」と返した。

そんな中、大御所俳優の出島徹太郎(里見)が予定よりも早くクランクアップすることになった。出島はキャスト・スタッフに病を患っていると告白。本来ならば出島演じる周作が、在宅治療を始めるシーンだったが、周作が家族に見守られながら亡くなるシーンへと変更。しかも、出島の最後の台詞はアドリブだという。出島は「出島徹太郎、最後の大舞台。皆さんよろしくお付き合いください」と頭を下げた。

いよいよ撮影スタート。設定上の家族の関係性と、彼らの本当の関係性をリンクしたような台詞回し、そして出島の迫真の演技に、同じシーンに出演していた瞳、息子役の小松慎吾(堀部圭亮)、孫役の篠塚美里(若月佑美)は号泣。そして見守っていたスタッフたちも涙を流す。撮影終了後、小松は声をかけると、出島も憎まれ口で返す。そんな微笑ましいやりとりで、険悪だった2人の関係性も修復していった。

帰りの駐車場。英二を待ち伏せしていた間宮は、出島のシーンを振り返りつつ“役者の偉大さ”と共に、役者にしか分からない領域を痛感した様子を見せる。そして、瞳を飲みに誘った日、「私はあなたのこと、もう何の気持ちもない」「役者には役者にしかわからない感情があるの」と言われたと明かし、瞳から手を引くと英二に告げる。

間宮と別れた直後、なんと瞳が号泣しながら英二の車に乗り込んでくる。出島の演技に感動した瞳は役が抜けないと泣きじゃくる。その様子を英二の妻・雪菜(山口紗弥加)がスマホで撮影していて……。

ネット上では、出島の感動的なアドリブシーンに「ものすごく泣けた 出島先生と小松さんの師弟シーンにやられまくりだわー」「あったかく優しさもあり その後ろに芯の通った強さも垣間見える、これが俳優・里見浩太朗の魅力」「ドラマのなかのドラマに号泣してしまった」といった感動の声が集まった。

次週12月7日は最終話。『殺したいほど愛している』の撮影も終盤に差しかかる中、英二には絶対に看過できない内容が書かれた台本が届く。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル