top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

普通のいなり寿司には戻れない! 月間5000本売れる“だし巻き揚げサンド専門店”の新メニューとは?

食楽web

食楽web

 今年7月のオープン以来、店名を冠した看板メニュー「だし巻き揚げサンド」を求めるお客さんで大賑わいを見せている大阪・なんばCITYの人気店『まいてあげる』。

 そんな大人気店が、11月25日より新メニュー「まいてあげる謹製 だし巻きいなり寿司」の販売を開始。早くも購入→即リピーターが続出するという、最高のスタートダッシュを見せている模様です。

フルサイズ6貫702円、ハーフサイズ3貫378円

 新メニュー「だし巻きいなり寿司」は、「だし巻き揚げサンド」にも使われているお店自慢の出汁巻き卵を、ふっくらご飯を使った酢飯を美味しいお揚げで巻き上げたロール状のいなり寿司。フルサイズ(6貫)とハーフサイズ(3貫)の2種類を販売しています。

 兵庫県産のブランド米「きぬひかり」をふっくらと炊き上げ、自家製のすし酢としょうがで仕上げた酢飯に、割烹料理にも使われている上質の鮪節出汁で炊いたお揚げを使用。和食の職人が監修した、至高の美味しさを備えています。

 お店自慢の出汁巻き卵は、北海道産の「最高級天日干し昆布」と鮪節から取った、風味豊かな一番出しのみを使い、新鮮な卵と合わせて焼き上げた極上の仕様。

広告の後にも続きます

 それぞれが最高の状態にある具材を、一本ずつ簀巻きで丁寧に巻き上げることで完成する「だし巻きいなり寿司」が、どんなに控え目な感想を述べたところで「美味しい!」以外の言葉が出てくるはずもありません。

 出汁巻きと酢飯、お揚げの三者が織りなす味わいを体感したら、他のいなり寿司に戻れなくなってしまうこと間違いなし!? 『なんばCITY』に行かれた際には『まいてあげる』にも忘れずに来店して、最高のお土産を手に入れてみてはいかがでしょうか。

●SHOP INFO

店名:出汁巻き揚げサンド専門店『まいてあげる なんばCITY店』

住:大阪府大阪市中央区難波5-1-60 なんばCITY 本館1F・SIGN OF THE FOOD内
営:11:00~21:00
休:『なんばCITY』の休館日に準ずる
※価格は全て税込

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル