top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

自分が絶対に正しいと思っている人は情報検索をあまりしないので正確な判断ができないという調査結果(ドイツ研究)

カラパイア

独善的な人は情報検索をあまりしない
独善的な人は情報検索をあまりしない /iStock

 一方的に決めつけて、自分の考えは絶対に正しいのだと頑なに信じ込み、周囲の意見にちっとも耳を貸そうとしない。そんな独善的な人は少なからず存在する。

 彼らのそうした性質は、政治や宗教、あるいは科学などの議論を両極端なものにするため二極化が進み社会的な影響すら与える。

 よく分からないのは、独善的な人間がそこまで自分の意見に固執する理由は何なのかだ。それが彼らにとって重要度の高いテーマだからか?それとももっと本質的な認知プロセスが背後にあるのか?

不確かな状況で、再確認するチャンスを利用するか?


 ドイツ、マックス・プランク研究所のグループは、その疑問を確かめるべく、オンラインで募った700名の被験者にシンプルな問題を行なってもらうという実験を行った。

 問題は、画面に表示された2つの黒い四角形のうち、白いドット(ちらついて見にくい)が多く含まれているのがどちらか当てるというもの。

 この実験のポイントは、1度回答した後で、はっきりと表示される四角形を確認するチャンスが与えられ、最終的な回答はそれを見た後で行えたことだ。

 リオン・シュルツ博士は、「現実にもよくある状況です。たとえば、本当かどうかよく分からない噂話を耳にしたとき、それを誰かに広めるでしょうか? それとも信頼できるソースを確かめるでしょうか?」と話す。

bar-621033_640_e_e
Pixabay

独善的な人ほど情報を確認しない


 この実験では、問題と併せて、質問表にも回答してもらい、被験者の政治的な意見や独善性の高さといったものが評価された。

 その結果を問題の回答と比較してみると、独善的であろうとなかろうと正解率や自信のほどに違いがないことが分かった。

 しかし1つ気になる点があったという。それは独善的と評価された人ほど、再確認のチャンスを断ることが多かったということだ。そうした違いは、回答の正しさに自信がない場合では特に顕著だった。

 「過去の研究では、自信と新しい情報を求めるかどうかには密接な関連があることが判明しています。今回は、独善的な人ほど、その関連性が弱まることが明らかになりました」と、スティーブ・フレミング博士は述べる。

 もちろん、再確認をしない人ほど、正解率は下がる傾向あった。それはつまり独善的な人ほど最終的な回答を間違うことが多かったということだ。

iStock-1001168184_e_e
iStock

独善性には本質的な認知プロセスが関係


「政治のような話題における独善性と単純なオンラインゲームでの情報収集にも関連性を見出すことができました。このことは現実世界の独善性は、特定のグループや意見の持ち主の特徴なのではなく、もっと本質的な認知プロセスが関わっている可能性を告げています」と、フレミング博士。

 この研究から分かるのは、自分の思い違いを修正できる情報があったとしても、必ずしも人がそれを求めるわけではないということだ。

 常に新しい情報に触れなければ正確な判断は下せないはずなのに、自分に不利な情報には見向きもしないし、それを信じようとはしない。

 世の中は二極化が進んでいると言われているが、双方がそれでは一生平行線をたどるままだ。思想は真逆でもやっていることは一緒というのはなんとも切ないものがある。

 この研究は『PNAS』(11月19日付)に掲載された。

References:Dogmatic people seek less information even when uncertain | UCL News – UCL – University College London/ written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル