top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

劇団ひとりが原作・監督・出演までこなす異色作!「青天の霹靂」(2014)

エンタメウィーク(映画)

劇団ひとりが原作・監督・出演までこなす異色作!「青天の霹靂」(2014)

解説

お笑いタレントの劇団ひとりが、自身の書き下ろし小説を初監督で映画化。売れないマジシャンの男が40年前にタイムスリップし、生き別れたはずの両親との出会いを通して自分の出生の秘密を知っていく姿を笑いとユーモアを交えながら描く。39歳の売れないマジシャンの晴夫は、母に捨てられ、父とは絶縁状態。ある日、父の訃報を聞いて絶望した晴夫は、気がつくと40年前の浅草にタイムスリップしていた。そこで若き日の父・正太郎と母・悦子と出会い、スプーン曲げのマジックで人気マジシャンになった晴夫は、父とコンビを組むことに。やがて母の妊娠が発覚し、10カ月後に生まれてくるはずの自分を待つ晴夫は、自身の出生の秘密と向き合うこととなる。主人公・晴夫役で大泉洋が主演。劇団ひとりが父・正太郎に扮し、母・悦子を柴咲コウが演じる。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画さん ★★★☆☆

バラエティ番組やお笑いシーンで活躍する芸人の劇団ひとりが書いた同名小説を原作とした作品。劇団ひとり自身も本作の監督、共同脚本、そして出演までしていてすごいです。ちょっとそういうところ、ウディ・アレンっぽいですよね。

しかし、内容はかなり硬派で嗚咽泣きするほど感動しました。売れないマジシャンがタイムスリップした先は、自分が生まれてくる一年前の世界。消息不明で死亡したと連絡を受けた父がいて、自分を身篭っている母がいる。生まれてくる前に自分の人生をやり直すようなコンセプトが面白いです。なにより、主人公演じる大泉洋の演技が本当に良い! コメディタッチなところは笑かせにくるけど、基本的に人生に投げやりな気怠さが最高。

対照的に破天荒な父を劇団ひとりが演じています。生前の父とろくにコミニュケーションを取れなかった主人公が、マジシャンの相方となって絆を深めていく。そして柴咲コウ演じる母・悦子との対話も、涙なしでは見れません。特にクライマックスの病室、出産前の彼女に未来の話をするときの大泉洋の演技が泣けて仕方ありません。ストレートなメッセージが心に響く、涙なしではみることのできない感動の一作。


「青天の霹靂」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル