top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

“withコロナ紅白”の寂しい舞台裏 会場は分散、差し入れ禁止

女性自身

“withコロナ紅白”の寂しい舞台裏 会場は分散、差し入れ禁止

11月16日に出場歌手が発表された『第71回NHK紅白歌合戦』。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、史上初となる無観客で放送される。また、放送時間も近年より15分短縮され、午後7時30分から午後11時45分までの予定だ。

 

無観客を生かすため、毎年会場となっているNHKホールでは観客席を使った演出も検討しているとNHKは伝えているが、他にもコロナ禍ならではの対策をとっているようだ。

 

「出場歌手の密を避けるため、会場は少なくとも3か所に分散してパフォーマンスを披露してもらうそうです。NHKホールのほかに、NHK局内で一、二を争う広さのスタジオが拠点の1つとして決まっているとか。普段から音楽番組の収録に使われているスタジオです。審査員たちがNHKホールに一堂に会するのも、今年は辞めるそうです」(NHK関係者)

広告の後にも続きます

 

また、アーティストによる差し入れも原則禁止になったという。

 

「たとえば昨年、白組司会を務めた嵐の櫻井さんは紅白にちなんで赤と白のパッケージのカステラを差し入れしていたそうです。乃木坂46はメンバーの名前入りのチョコ、DA PUMPはイラスト入りタオルなどさまざまでした。控室に挨拶に行き渡し合う、という光景も今年はなくなってしまうでしょう」(音楽関係者)

 

ほかにも例年どおりにいかないのでは、と懸念していることがあるという。司会と出場歌手による、とある慣例についてだ。

 

「出場歌手には事前にアンケートに回答してもらいます。グループの場合は一人一人が記入。それを元に司会との“面談”がおこなわれるのが例年の流れです。今回のアンケートは、『新しい生活様式となった2020年、あなたにとっての大きな出来事、小さな出来事を教えてください』『コロナ禍で取り組んだ試みや活動があったら教えて下さい』など、今年ならではの内容も盛り込まれているそうなのですが……」(前出・NHK関係者)

 

今年の総合司会は内村光良(56)と桑子真帆アナウンサー(33)、白組司会は大泉洋(47)、紅組司会は二階堂ふみ(26)が務めるが、司会はアンケートを確認するのみで“面談”はおこなわないかもしれず、調整中だという。

 

そして放送終了後。例年NHKの食堂でおこなわれる任意で参加の打ち上げもあったが、密を避けるため、これも難しくなりそうだ。

 

“withコロナ”となった紅白だが、11月24日に報道各社の囲み取材に応じたNHKの加藤英明チーフ・プロデューサーはこう前向きに語っていたという。

 

「感染拡大に配慮しながら番組を作らなければいけないというところでは、新しい紅白を作るチャンスになるかもしれない」

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル